「か」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
槐安の夢
(かいあんのゆめ)
飼い犬に手を噛まれる
(かいいぬにてをかまれる)
貝殻で海を量る
(かいがらでうみをはかる)
会議は踊る
(かいぎはおどる)
会稽の恥を雪ぐ
(かいけいのはじをすすぐ)
解語の花
(かいごのはな)
カイザルの物はカイザルに
(かいざるのものはかいざるに)
改竄
(かいざん)
膾炙
(かいしゃ)
灰燼に帰す
(かいじんにきす)
海賊が山賊の罪をあげる
(かいぞくがさんぞくのつみをあげる)
書いた物が物を言う
(かいたものがものをいう)
海中より盃中に溺死する者多し
(かいちゅうよりはいちゅうにできしするものおおし)
快刀、乱麻を断つ
(かいとう、らんまをたつ)
海棠の睡り未だ足らず
(かいどうのねむりいまだたらず)
甲斐なき星が夜を明かす
(かいなきほしがよをあかす)
櫂は三年、櫓は三月
(かいはさんねん、ろはみつき)
隗より始めよ
(かいよりはじめよ)
怪力乱神を語らず
(かいりょくらんしんをかたらず)
回禄の災い
(かいろくのわざわい)
買うは貰うに勝る
(かうはもらうにまさる)
替え着なしの晴れ着なし
(かえぎなしのはれぎなし)
カエサルの物はカエサルに
(かえさるのものはかえさるに)
顧みて他を言う
(かえりみてたをいう)
蛙の子は蛙
(かえるのこはかえる)
蛙の面に水
(かえるのつらにみず)
顔で笑って心で泣く
(かおでわらってこころでなく)
顔に泥を塗る
(かおにどろをぬる)
顔に紅葉を散らす
(かおにもみじをちらす)
嬶天下にからっ風
(かかあでんかにからっかぜ)
河海は細流を択ばず
(かかいはさいりゅうをえらばず)
蝸角の争い
(かかくのあらそい)
踵で頭痛を病む
(かかとでずつうをやむ)
懸かるも引くも折による
(かかるもひくもおりによる)
屈み女に反り男
(かがみおんなにそりおとこ)
鏡は女の魂
(かがみはおんなのたましい)
書き入れ時
(かきいれどき)
垣堅くして犬入らず
(かきかたくしていぬいらず)
欠き餅と焼き餅は焼くほどよい
(かきもちとやきもちはやくほどよい)
蝸牛、角上の争い
(かぎゅう、かくじょうのあらそい)
鶴首
(かくしゅ)
隠すより現る
(かくすよりあらわる)
獲麟
(かくりん)
隠れたるより現るるはなし
(かくれたるよりあらわるるはなし)
駆け馬に鞭
(かけうまにむち)
駆けつけ三杯
(かけつけさんばい)
陰では王様の事も言う
(かげではおうさまのこともいう)
陰では殿の事も言う
(かげではとののこともいう)
陰に居て枝を折る
(かげにいてえだをおる)
陰に託して影を求む
(かげにたくしてかげをもとむ)
影の形に随うが如し
(かげのかたちにしたがうがごとし)
陰弁慶
(かげべんけい)
陽炎、稲妻、水の月
(かげろう、いなずま、みずのつき)
嘉肴ありと雖も食らわずんばその旨きを知らず
(かこうありといえどもくらわずんばそのうまきをしらず)
籠で水を汲む
(かごでみずをくむ)
駕籠にに乗る人担ぐ人、そのまた草鞋を作る人
(かごににのるひとかつぐひと、そのまたわらじをつくるひと)
籠の鳥、雲を慕う
(かごのとり、くもをしたう)
傘と提灯は戻らぬつもりで貸せ
(かさとちょうちんはもどらぬつもりでかせ)
笠に着る
(かさにきる)
風上にも置けない
(かざかみにもおけない)
貸した物は忘れぬが借りたものは忘れる
(かしたものはわすれぬがかりたものはわすれる)
和氏の璧
(かしのたま)
鹿島立ち
(かしまだち)
華燭の典
(かしょくのてん)
華胥の国に遊ぶ
(かしょのくににあそぶ)
家書万金に抵る
(かしょばんきんにあたる)
頭が動かねば尾が動かぬ
(かしらがうごかねばおがうごかぬ)
頭に霜を戴く
(かしらにしもをいただく)
火事あとの釘拾い
(かじあとのくぎひろい)
火事あとの火の用心
(かじあとのひのようじん)
火事と喧嘩は江戸の花
(かじとけんかはえどのはな)
火事と葬式に行けば勘当もゆりる
(かじとそうしきにいけばかんどうもゆりる)
火事場の馬鹿力
(かじばのばかぢから)
歌人は居ながらにして名所を知る
(かじんはいながらにしてめいしょをしる)
鎹思案
(かすがいじあん)
霞に千鳥
(かすみにちどり)
数を言うまい羽織りの紐
(かずをいうまいはおりのひも)
苛政は虎よりも猛し
(かせいはとらよりもたけし)
河清を俟つ
(かせいをまつ)
稼ぐに追い着く貧乏なし
(かせぐにおいつくびんぼうなし)
稼ぐに追い抜く貧乏神
(かせぐにおいぬくびんぼうがみ)
風が吹けば桶屋が儲かる
(かぜがふけばおけやがもうかる)
風に櫛り雨に沐う
(かぜにくしけずりあめにかみあらう)
風に柳
(かぜにやなぎ)
風の便り
(かぜのたより)
風の前の塵
(かぜのまえのちり)
風邪は百病のもと
(かぜはひゃくびょうのもと)
風は吹けども山は動せず
(かぜはふけどもやまはどうせず)
風邪は万病のもと
(かぜはまんびょうのもと)
風を食らう
(かぜをくらう)
堅い木は折れる
(かたいきはおれる)
敵の家でも口を濡らせ
(かたきのいえでもくちをぬらせ)
敵の前より借金の前
(かたきのまえよりしゃっきんのまえ)
難きを先にし、獲るを後にす
(かたきをさきにし、うるをのちにす)
火宅
(かたく)
片口聞いて公事を分くるな
(かたくちきいてくじをわくるな)
固唾を呑む
(かたずをのむ)
片手で錐は揉まれぬ
(かたてできりはもまれぬ)
刀折れ矢尽きる
(かたなおれやつきる)
片棒を担ぐ
(かたぼうをかつぐ)
肩身が狭い
(かたみがせまい)
片山曇れば片山日照る
(かたやまくもればかたやまひてる)
語るに落ちる
(かたるにおちる)
肩を並べる
(かたをならべる)
火中の栗を拾う
(かちゅうのくりをひろう)
渇しても盗泉の水を飲まず
(かっしてもとうせんのみずをのまず)
勝った自慢は負けての後悔
(かったじまんはまけてのこうかい)
勝って兜の緒を締めよ
(かってかぶとのおをしめよ)
河童に水練
(かっぱにすいれん)
河童の川流れ
(かっぱのかわながれ)
河童の寒稽古
(かっぱのかんげいこ)
河童の屁
(かっぱのへ)
餓えて死ぬは一人、飲んで死ぬは千人
(かつえてしぬはひとり、のんでしぬはせんにん)
勝つも負けるも時の運
(かつもまけるもときのうん)
褐を被て玉を懐く
(かつをきてたまをいだく)
勝てば官軍、負ければ賊軍
(かてばかんぐん、まければぞくぐん)
瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず
(かでんにくつをいれず、りかにかんむりをたださず)
門松は冥土の旅の一里塚
(かどまつはめいどのたびのいちりづか)
鼎の軽重を問う
(かなえのけいちょうをとう)
鼎の沸くが如し
(かなえのわくがごとし)
金鎖も引けば切れる
(かなぐさりもひけばきれる)
悲しい時は身一つ
(かなしいときはみひとつ)
金槌の川流れ
(かなづちのかわながれ)
金棒引き
(かなぼうひき)
叶わぬ時には親を出せ
(かなわぬときにはおやをだせ)
叶わぬ時の神頼み
(かなわぬときのかみだのみ)
蟹の念仏
(かにのねんぶつ)
蟹の横這い
(かにのよこばい)
蟹は甲羅に似せて穴を掘る
(かにはこうらににせてあなをほる)
蟹を縦に歩かせることはできない
(かにをたてにあるかせることはできない)
金請けするとも人請けするな
(かねうけするともひとうけするな)
金があれば馬鹿も旦那
(かねがあればばかもだんな)
金が言わせる旦那
(かねがいわせるだんな)
金が敵
(かねがかたき)
金が金を儲ける
(かねがかねをもうける)
金が物言う
(かねがものいう)
金さえあれば飛ぶ鳥も落ちる
(かねさえあればとぶとりもおちる)
鉦太鼓で捜す
(かねたいこでさがす)
金で面を張る
(かねでつらをはる)
金と塵は積もるほど汚い
(かねとちりはつもるほどきたない)
金なき者は金を使う
(かねなきものはかねをつかう)
金に糸目を付けぬ
(かねにいとめをつけぬ)
金の貸し借り不和の基
(かねのかしかりふわのもと)
金の切れ目が縁の切れ目
(かねのきれめがえんのきれめ)
金のなる木
(かねのなるき)
金の光は阿弥陀ほど
(かねのひかりはあみだほど)
金の光は七光
(かねのひかりはななひかり)
金の草鞋で捜す
(かねのわらじでさがす)
金は命の親、命の敵
(かねはいのちのおや、いのちのかたき)
金は浮き物
(かねはうきもの)
金は片行き
(かねはかたいき)
金は三欠くに溜まる
(かねはさんかくにたまる)
金は世界の回り物
(かねはせかいのまわりもの)
金は天下の回り物
(かねはてんかのまわりもの)
金は湧き物
(かねはわきもの)
金持ち、金使わず
(かねもち、かねつかわず)
金持ち喧嘩せず
(かねもちけんかせず)
金持ちと灰吹きは溜まるほど汚い
(かねもちとはいふきはたまるほどきたない)
鉦や太鼓で探す
(かねやたいこでさがす)
禍福は糾える縄の如し
(かふくはあざなえるなわのごとし)
兜を脱ぐ
(かぶとをぬぐ)
壁訴訟
(かべそしょう)
壁に耳あり障子に目あり
(かべにみみありしょうじにめあり)
壁の穴は壁で塞げ
(かべのあなはかべでふさげ)
果報は寝て待て
(かほうはねてまて)
南瓜に目鼻
(かぼちゃにめはな)
竈の下の灰まで
(かまどのしたのはいまで)
鎌をかける
(かまをかける)
噛み合う犬は呼び難し
(かみあういぬはよびがたし)
神様にも祝詞
(かみさまにものりと)
神は非礼を受けず
(かみはひれいをうけず)
神は自ら助くる者を助く
(かみはみずからたすくるものをたすく)
噛む馬はしまいまで噛む
(かむうまはしまいまでかむ)
亀の甲より年の劫
(かめのこうよりとしのこう)
亀の年を鶴が羨む
(かめのとしをつるがうらやむ)
鴨が葱を背負って来る
(かもがねぎをしょってくる)
可もなく不可もなし
(かもなくふかもなし)
鴨の水搔き
(かものみずかき)
下問を恥じず
(かもんをはじず)
痒い所に手が届く
(かゆいところにてがとどく)
芥子は気短に搔かせろ
(からしはきみじかにかかせろ)
烏に反哺の孝あり
(からすにはんぽのこうあり)
烏の頭の白くなるまで
(からすのあたまのしろくなるまで)
烏の行水
(からすのぎょうずい)
烏の雌雄
(からすのしゆう)
烏を鷺
(からすをさぎ)
借り着より洗い着
(かりぎよりあらいぎ)
借りて借り得、貸して貸し損
(かりてかりどく、かしてかしぞん)
借りてきた猫
(かりてきたねこ)
雁の使い
(かりのつかい)
狩人、罠にかかる
(かりゅうど、わなにかかる)
借りる時の地蔵顔、返す時の閻魔顔
(かりるときのじぞうがお、かえすときのえんまがお)
借りる八合、済す一升
(かりるはちごう、なすいっしょう)
軽い返事に重い尻
(かるいへんじにおもいしり)
枯れ木に花
(かれきにはな)
枯れ木も山の賑わい
(かれきもやまのにぎわい)
彼も一時、此れも一時
(かれもいちじ、これもいちじ)
彼も人なり、我も人なり
(かれもひとなり、われもひとなり)
彼を知り己を知れば百戦殆うからず
(かれをしりおのれをしればひゃくせんあやうからず)
かわいい子には旅をさせよ
(かわいいこにはたびをさせよ)
かわいさ余って憎さが百倍
(かわいさあまってにくさがひゃくばい)
皮切りの一灸
(かわきりのひとひ)
川口で船を破る
(かわぐちでふねをわる)
川越して宿とれ
(かわこしてやどとれ)
川立ちは川で果てる
(かわだちはかわではてる)
川に水運ぶ
(かわにみずはこぶ)
皮引けば身が痛い
(かわひけばみがいたい)
皮引けば身が付く
(かわひけばみがつく)
皮を切らせて肉を切り、肉を切らせて骨を切る
(かわをきらせてにくをきり、にくをきらせてほねをきる)
間、髪を容れず
(かん、はつをいれず)
間一髪
(かんいっぱつ)
考えは雪隠
(かんがえはせっちん)
考える葦
(かんがえるあし)
勧学院の雀は蒙求を囀る
(かんがくいんのすずめはもうぎゅうをさえずる)
閑古鳥が鳴く
(かんこどりがなく)
癇癪持ちの事破り
(かんしゃくもちのことやぶり)
韓信の股くぐり
(かんしんのまたくぐり)
勘定合って銭足らず
(かんじょうあってぜにたらず)
坎井の蛙
(かんせいのあ)
間然するところなし
(かんぜんするところなし)
肝胆相照らす
(かんたんあいてらす)
邯鄲の歩み
(かんたんのあゆみ)
邯鄲の夢
(かんたんのゆめ)
肝胆を砕く
(かんたんをくだく)
干天の慈雨
(かんてんのじう)
官途に就く
(かんとにつく)
艱難、汝を玉にす
(かんなん、なんじをたまにす)
寒に帷子、土用に布子
(かんにかたびら、どようにぬのこ)
堪忍五両、思案十両
(かんにんごりょう、しあんじゅうりょう)
堪忍五両、負けて三両
(かんにんごりょう、まけてさんりょう)
堪忍の忍の字が百貫する
(かんにんのにんのじがひゃっかんする)
堪忍は一生の宝
(かんにんはいっしょうのたから)
堪忍袋の緒が切れる
(かんにんぶくろのおがきれる)
汗馬の労
(かんばのろう)
看板に偽りあり
(かんばんにいつわりあり)
看板に偽りなし
(かんばんにいつわりなし)
完璧
(かんぺき)
管鮑の交わり
(かんぽうのまじわり)
歓楽極まりて哀情多し
(かんらくきわまりてあいじょうおおし)
還暦
(かんれき)
棺を蓋いて事定まる
(かんをおおいてことさだまる)
款を通じる
(かんをつうじる)
管を以て天を窺う
(かんをもっててんをうかがう)
骸骨を乞う
(がいこつをこう)
蓋世の気
(がいせいのき)
咳唾、珠を成す
(がいだ、たまをなす)
餓鬼に苧殻
(がきにおがら)
餓鬼の断食
(がきのだんじき)
餓鬼の花争い
(がきのはなあらそい)
餓鬼の目に水見えず
(がきのめにみずみえず)
餓鬼も人数
(がきもにんずう)
学者の取った天下なし
(がくしゃのとったてんかなし)
学者むしゃくしゃ
(がくしゃむしゃくしゃ)
学問に王道なし
(がくもんにおうどうなし)
楽屋から火を出す
(がくやからひをだす)
楽屋で声を嗄らす
(がくやでこえをからす)
牙城
(がじょう)
がったり三両
(がったりさんりょう)
画餅に帰す
(がべいにきす)
画竜点睛を欠く
(がりょうてんせいをかく)
雁がたてば鳩もたつ
(がんがたてばはともたつ)
雁が飛べば石亀も地団駄
(がんがとべばいしがめもじだんだ)
眼光、紙背に徹す
(がんこう、しはいにてっす)
雁書
(がんしょ)
顔色なし
(がんしょくなし)
眼中人なし
(がんちゅうひとなし)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る