「く」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
苦あれば楽あり
(くあればらくあり)
株を守りて兎を待つ
(くいぜ(かぶ)をまもりてうさぎをまつ)
食い溜め寝溜めは何にもならぬ
(くいだめねだめはなんにもならぬ)
食い付き馬に乗ったよう
(くいつきうまにのったよう)
食いつく犬は吠えつかぬ
(くいつくいぬはほえつかぬ)
食い物と念仏は一口ずつ
(くいものとねんぶつはひとくちずつ)
空谷の跫音
(くうこくのきょうおん)
食うことは今日食い、言うことは明日言え
(くうことはきょうくい、いうことはあすいえ)
食うた餅より心持ち
(くうたもちよりこころもち)
食うに倒れず病むに倒れる
(くうにたおれずやむにたおれる)
空腹は最上のソース
(くうふくはさいじょうのそーす)
釘の裏を返す
(くぎのうらをかえす)
釘を刺す
(くぎをさす)
臭い物に蓋をする
(くさいものにふたをする)
臭いもの身知らず
(くさいものみしらず)
草木も眠る丑三つ時
(くさきもねむるうしみつどき)
腐っても鯛
(くさってもたい)
腐れ縁は離れず
(くされえんははなれず)
草を打って蛇を驚かす
(くさをうってへびをおどろかす)
櫛の歯が欠けたよう
(くしのはがかけたよう)
櫛の歯を挽く
(くしのはをひく)
九尺二間に戸が一枚
(くしゃくにけんにとがいちまい)
孔子の倒れ
(くじのたおれ)
薬師は人を殺せど薬人を殺さず
(くすしはひとをころせどくすりひとをころさず)
楠の木分限、梅の木分限
(くすのきぶげん、うめのきぶげん)
薬は毒ほど効かぬ
(くすりはどくほどきかぬ)
薬は身の毒
(くすりはみのどく)
薬人を殺さず、薬師人を殺す
(くすりひとをころさず、くすしひとをころす)
薬も過ぎれば毒となる
(くすりもすぎればどくとなる)
薬より養生
(くすりよりようじょう)
苦する良かろう楽する悪かろう
(くするよかろうらくするわるかろう)
糞も味噌も一緒
(くそもみそもいっしょ)
管の穴から天を覗く
(くだのあなからてんをのぞく)
管を巻く
(くだをまく)
管を以て天を窺う
(くだをもっててんをうかがう)
口あれば京に上る
(くちあればきょうにのぼる)
口裏を合わせる
(くちうらをあわせる)
口から出れば世間
(くちからでればせけん)
口が動けば手が止む
(くちがうごけばてがやむ)
口が干上がる
(くちがひあがる)
朽ち木は柱にならぬ
(くちきははしらにならぬ)
口車に乗せる
(くちぐるまにのせる)
口先の裃
(くちさきのかみしも)
口自慢の仕事下手
(くちじまんのしごとべた)
口叩きの手足らず
(くちたたきのてたらず)
口では大阪の城も建つ
(くちではおおさかのしろもたつ)
口と財布は締めるが得
(くちとさいふはしめるがとく)
口には関所がない
(くちにはせきしょがない)
口に針
(くちにはり)
口に蜜あり、腹に剣あり
(くちにみつあり、はらにけんあり)
口は口、心は心
(くちはくち、こころはこころ)
口は重宝
(くちはちょうほう)
口は閉じておけ、目は開けておけ
(くちはとじておけ、めはあけておけ)
口は禍の門
(くちはわざわいのもん)
嘴が黄色い
(くちばしがきいろい)
唇滅びて歯寒し
(くちびるほろびてはさむし)
口弁慶
(くちべんけい)
口も八丁、手も八丁
(くちもはっちょう、てもはっちょう)
食ってすぐ寝ると牛になる
(くってすぐねるとうしになる)
轡の音にも目を覚ます
(くつわのおとにもめをさます)
靴を隔てて痒きを搔く
(くつをへだててかゆきをかく)
苦肉の策
(くにくのさく)
国に盗人、家に鼠
(くににぬすびと、いえにねずみ)
国乱れて忠臣見る
(くにみだれてちゅうしんあらわる)
国破れて山河在り
(くにやぶれてさんがあり)
苦は楽の種
(くはらくのたね)
首縊りの足を引く
(くびくくりのあしをひく)
首振り三年、ころ八年
(くびふりさんねん、ころはちねん)
窪い所に水溜まる
(くぼいところにみずたまる)
雲に梯
(くもにかけはし)
蜘蛛の子を散らすよう
(くものこをちらすよう)
雲を霞
(くもをかすみ)
雲を摑む
(くもをつかむ)
供養より施行
(くようよりせぎょう)
食らえどもその味わいを知らず
(くらえどもそのあじわいをしらず)
鞍掛け馬の稽古
(くらかけうまのけいこ)
暗がりから牛
(くらがりからうし)
暗がりの渋面
(くらがりのじゅうめん)
水母の風向かい
(くらげのかぜむかい)
水母の行列
(くらげのぎょうれつ)
暗闇の鉄砲
(くらやみのてっぽう)
苦しい時には親を出せ
(くるしいときにはおやをだせ)
苦しい時の神頼み
(くるしいときのかみだのみ)
車の両輪
(くるまのりょうりん)
車は海へ舟は山
(くるまはうみへふねはやま)
紅は園生に植えても隠れなし
(くれないはそのうにうえてもかくれなし)
暮れぬ先の提灯
(くれぬさきのちょうちん)
玄人はだし
(くろうとはだし)
食わず嫌い
(くわずぎらい)
食わず貧楽高枕
(くわずひんらくたかまくら)
食わせておいて扨と言い
(くわせておいてさてといい)
食わぬ殺生
(くわぬせっしょう)
食わぬ飯が髭に付く
(くわぬめしがひげにつく)
鍬を担げた乞食は来ない
(くわをかたげたこじきはこない)
句を作るより田を作れ
(くをつくるよりたをつくれ)
君子、危うきに近寄らず
(くんし、あやうきにちかよらず)
君子に三戒あり
(くんしにさんかいあり)
君子に三楽あり
(くんしにさんらくあり)
君子の過ちは日月の食のごとし
(くんしのあやまちはじつげつのしょくのごとし)
君子の交わりは淡きこと水のごとし
(くんしのまじわりはあわきことみずのごとし)
君子は憂えず懼れず
(くんしはうれえずおそれず)
君子は器にならず
(くんしはきにならず)
君子は独りを慎む
(くんしはひとりをつつしむ)
君子は豹変す
(くんしはひょうへんす)
君子は交わり絶ゆとも悪声を出さず
(くんしはまじわりたゆともあくせいをださず)
君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず
(くんしはわしてどうぜず、しょうじんはどうじてわせず)
葷酒、山門に入るを許さず
(くんしゅ、さんもんにいるをゆるさず)
薫は香を以て自ら焼く
(くんはこうをもってみずからやく)
君臨すれども統治せず
(くんりんすれどもとうちせず)
愚公、山を移す
(ぐこう、やまをうつす)
愚者の百行より知者の居眠り
(ぐしゃのひゃっこうよりちしゃのいねむり)
愚者も一得
(ぐしゃもいっとく)
愚の骨頂
(ぐのこっちょう)
愚を守る
(ぐをまもる)
軍門に降る
(ぐんもんにくだる)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る