「す」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
水火の争い
(すいかのあらそい)
西瓜は土で作れ南瓜は手で作れ
(すいかはつちでつくれかぼちゃはてでつくれ)
水火も辞せず
(すいかもじせず)
粋が川へはまる
(すいがかわへはまる)
粋が身を食う
(すいがみをくう)
水魚の交わり
(すいぎょのまじわり)
推敲
(すいこう)
垂涎の的
(すいぜんのまと)
好いた事はせぬが損
(すいたことはせぬがそん)
好いた水仙好かれた柳
(すいたすいせんすかれたやなぎ)
好いた同士は泣いても連れる
(すいたどうしはないてもつれる)
好いたほど飽いた
(すいたほどあいた)
水中に火を求む
(すいちゅうにひをもとむ)
水道の水で産湯を使う
(すいどうのみずでうぶゆをつかう)
推輓
(すいばん)
水泡に帰す
(すいほうにきす)
酸いも甘いも噛み分ける
(すいもあまいもかみわける)
数奇
(すうき)
据え膳食わぬは男の恥
(すえぜんくわぬはおとこのはじ)
末大なれば必ず折る
(すえだいなればかならずおる)
末の露、本の雫
(すえのつゆ、もとのしずく)
好かぬは得せぬの唐名
(すかぬはえせぬのからな)
姿は俗性を現す
(すがたはぞくしょうをあらわす)
姿は作り物
(すがたはつくりもの)
好きこそ物の上手なれ
(すきこそもののじょうずなれ)
好きな事には騙され易い
(すきなことにはだまされやすい)
好きな物に祟りなし
(すきなものにたたりなし)
空き腹にまずい物なし
(すきばらにまずいものなし)
透き間風は冷たい
(すきまかぜはつめたい)
過ぎたるは猶及ばざるが如し
(すぎたるはなおおよばざるがごとし)
勝れて良き物は勝れて悪し
(すぐれてよきものはすぐれてあし)
進むを知りて退くを知らず
(すすむをしりてしりぞくをしらず)
雀、海に入って蛤となる
(すずめ、うみにいってはまぐりとなる)
雀の千声鶴の一声
(すずめのせんこえつるのひとこえ)
雀の涙
(すずめのなみだ)
雀の糠喜び
(すずめのぬかよろこび)
雀百まで踊り忘れず
(すずめひゃくまでおどりわすれず)
酸っぱい葡萄
(すっぱいぶどう)
捨て石になる
(すていしになる)
捨て子は世に出る
(すてごはよにでる)
捨て物は拾い物
(すてものはひろいもの)
捨てる神あれば拾う神あり
(すてるかみあればひろうかみあり)
酢でも蒟蒻でも
(すでもこんにゃくでも)
脛一本、腕一本
(すねいっぽん、うでいっぽん)
脛に疵持つ
(すねにきずもつ)
脛に疵持てば笹原走る
(すねにきずもてばささはらはしる)
すべての道はローマに通ず
(すべてのみちはろーまにつうず)
滑り道とお経は早い方がよい
(すべりみちとおきょうははやいほうがよい)
すまじきものは宮仕え
(すまじきものはみやづかえ)
隅に置けない
(すみにおけない)
墨は餓鬼に磨らせ筆は鬼にとらせよ
(すみはがきにすらせふではおににとらせよ)
住むばかりの名所
(すむばかりのめいしょ)
住めば都
(すめばみやこ)
相撲に勝って勝負に負ける
(すもうにかってしょうぶにまける)
相撲に負けて妻の面張る
(すもうにまけてつまのつらはる)
擂り粉木で重箱洗う
(すりこぎでじゅうばこあらう)
擂り粉木で腹を切る
(すりこぎではらをきる)
擂り粉木棒の年寄り
(すりこぎぼうのとしより)
駿河の富士と一里塚
(するがのふじといちりづか)
寸陰を惜しむ
(すんいんをおしむ)
寸鉄、人を刺す
(すんてつ、ひとをさす)
寸を曲げて尺を伸ぶ
(すんをまげてしゃくをのぶ)
随徳寺をきめる
(ずいとくじをきめる)
杜撰
(ずさん)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る