「そ」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
創痍未だ癒えず
(そういいまだいえず)
滄海の一粟
(そうかいのいちぞく)
滄海変じて桑田となる
(そうかいへんじてそうでんとなる)
喪家の狗
(そうかのいぬ)
創業は易く守成は難し
(そうぎょうはやすくしゅせいはかたし)
操觚
(そうこ)
糟糠の妻
(そうこうのつま)
糟糠の妻は堂より下さず
(そうこうのつまはどうよりくださず)
曽参、人を殺す
(そうしん、ひとをころす)
宋襄の仁
(そうじょうのじん)
騒人
(そうじん)
滄桑の変
(そうそうのへん)
桑田変じて滄海となる
(そうでんへんじてそうかいとなる)
そうは問屋が卸さない
(そうはとんやがおろさない)
双璧
(そうへき)
草莽の臣
(そうもうのしん)
総領の十五は貧乏の世盛り
(そうりょうのじゅうごはびんぼうのよざかり)
総領の甚六
(そうりょうのじんろく)
倉廩実ちて礼節を知る
(そうりんみちてれいせつをしる)
葬礼帰りの医者話
(そうれいがえりのいしゃばなし)
葬礼九つ酒七つ
(そうれいここのつさけななつ)
惻隠の情
(そくいんのじょう)
束脩
(そくしゅう)
即時一杯の酒
(そくじいっぱいのさけ)
底に底あり
(そこにそこあり)
底もあり蓋もあり
(そこもありふたもあり)
謗れば影さす
(そしればかげさす)
俎上に載せる
(そじょうにのせる)
俎上の魚
(そじょうのうお)
粗相が御意に叶う
(そそうがぎょいにかなう)
粗相も時の一興
(そそうもときのいっきょう)
率土の浜
(そっとのひん)
そっと申せばぎゃっと申す
(そっともうせばぎゃっともうす)
卒寿
(そつじゅ)
袖から火事
(そでからかじ)
袖から手を出すも嫌い
(そでからてをだすもきらい)
袖すり合うも他生の縁
(そですりあうもたしょうのえん)
袖の下
(そでのした)
袖の下に回る子は打たれぬ
(そでのしたにまわるこはうたれぬ)
袖振り合うも他生の縁
(そでふりあうもたしょうのえん)
外愛嬌の内そんぶり
(そとあいきょうのうちそんぶり)
外濠を埋める
(そとぼりをうめる)
外孫飼うより犬の子飼え
(そとまごかうよりいぬのこかえ)
備えあれば憂いなし
(そなえあればうれいなし)
備わらんことを一人に求むるなかれ
(そなわらんことをいちにんにもとむるなかれ)
その一を識りてその二を知らず
(そのいちをしりてそのにをしらず)
その国に入ればその俗に従う
(そのくににいればそのぞくにしたがう)
その子を知らざればその友を視よ
(そのこをしらざればそのともをみよ)
その罪を憎んでその人を憎まず
(そのつみをにくんでそのひとをにくまず)
その手は桑名の焼き蛤
(そのてはくわなのやきはまぐり)
その右に出ずる者なし
(そのみぎにいずるものなし)
傍杖を食う
(そばづえをくう)
蕎麦の花も一盛り
(そばのはなもひとさかり)
素封
(そほう)
そもそもから着きにけりまで
(そもそもからつきにけりまで)
それにつけても金の欲しさよ
(それにつけてもかねのほしさよ)
添わぬうちが花
(そわぬうちがはな)
損して得取れ
(そんしてとくとれ)
損して恥搔く
(そんしてはじかく)
損せぬ人に儲けなし
(そんせぬひとにもうけなし)
忖度
(そんたく)
損と元値で蔵を建て
(そんともとねでくらをたて)
象牙の塔
(ぞうげのとう)
草履に灸
(ぞうりにきゅう)
草履履き際で仕損じる
(ぞうりはきぎわでしそんじる)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る