「つ」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
追従も世渡り
(ついしょうもよわたり)
朔日ごとに餅は食えぬ
(ついたちごとにもちはくえぬ)
搗いた餅より心持ち
(ついたもちよりこころもち)
痛痒を感じない
(つうようをかんじない)
杖とも柱とも頼む
(つえともはしらともたのむ)
杖に縋るとも人に縋るな
(つえにすがるともひとにすがるな)
杖の下に回る犬は打てぬ
(つえのしたにまわるいぬはうてぬ)
使う者は使われる
(つかうものはつかわれる)
使っている鍬は光る
(つかっているくわはひかる)
付き合いなら家でも焼く
(つきあいならいえでもやく)
搗き臼で茶漬け
(つきうすでちゃづけ)
月落ち烏啼いて霜天に満つ
(つきおちからすないてしもてんにみつ)
月と鼈
(つきとすっぽん)
月に雨笠日笠なし
(つきにあまがさひがさなし)
月に叢雲、花に風
(つきにむらくも、はなにかぜ)
月の影取る猿
(つきのかげとるましら)
月の前の灯
(つきのまえのともしび)
月日変われば気も変わる
(つきひかわればきもかわる)
月日に関守なし
(つきひにせきもりなし)
月満つれば則ち虧く
(つきみつればすなわちかく)
月雪花は一度に眺められぬ
(つきゆきはなはいちどにながめられぬ)
月夜に釜を抜かれる
(つきよにかまをぬかれる)
月夜に米の飯
(つきよにこめのめし)
月夜に背中あぶる
(つきよにせなかあぶる)
月夜に提灯
(つきよにちょうちん)
月夜に提灯も外聞
(つきよにちょうちんもがいぶん)
月夜にも背中炙りて温まれ
(つきよにもせなかあぶりてあたたまれ)
月夜の蟹
(つきよのかに)
漬物褒めれば嬶褒める
(つけものほめればかかほめる)
付け焼き刃
(つけやきば)
付け焼き刃はなまり易い
(つけやきばはなまりやすい)
辻褄を合わせる
(つじつまをあわせる)
土一升に金一升
(つちいっしょうにかねいっしょう)
槌で大地を叩く
(つちでだいちをたたく)
槌で庭掃く
(つちでにわはく)
土に灸
(つちにきゅう)
土仏の水遊び
(つちぼとけのみずあそび)
突っかけ者の人もたれ
(つっかけもののひともたれ)
釣った魚に餌はやらぬ
(つったさかなにえさはやらぬ)
美人局
(つつもたせ)
鼓を鳴らして攻む
(つづみをならしてせむ)
綱渡りより世渡り
(つなわたりよりよわたり)
常が大事
(つねがだいじ)
角ある獣に上歯なし
(つのあるけものにうわばなし)
角を折る
(つのをおる)
角を矯めて牛を殺す
(つのをためてうしをころす)
角を出す
(つのをだす)
壷に嵌まる
(つぼにはまる)
壷の中では火は燃えぬ
(つぼのなかではひはもえぬ)
躓く石も縁の端
(つまずくいしもえんのはし)
妻の言うに向こう山も動く
(つまのいうにむこうやまもうごく)
つまり肴
(つまりざかな)
罪なくして配所の月を見る
(つみなくしてはいしょのつきをみる)
罪の疑わしきは軽くし、功の疑わしきは重くす
(つみのうたがわしきはかるくし、こうのうたがわしきはおもくす)
罪を憎んで人を憎まず
(つみをにくんでひとをにくまず)
冷たい戦争
(つめたいせんそう)
爪で拾って箕でこぼす
(つめでひろってみでこぼす)
爪に爪なく瓜に爪あり
(つめにつめなくうりにつめあり)
爪に火を点す
(つめにひをともす)
爪の垢ほど
(つめのあかほど)
爪の垢を煎じて飲む
(つめのあかをせんじてのむ)
爪の先まで似る
(つめのさきまでにる)
爪を立てる所もない
(つめをたてるところもない)
露の命
(つゆのいのち)
面の皮の千枚張り
(つらのかわのせんまいばり)
面の皮を剝ぐ
(つらのかわをはぐ)
釣り合わぬは不縁のもと
(つりあわぬはふえんのもと)
釣り落とした魚は大きい
(つりおとしたさかなはおおきい)
釣りする馬鹿に見る阿呆
(つりするばかにみるあほう)
釣りは道楽の行き止まり
(つりはどうらくのいきどまり)
鶴九皐に鳴き、声天に聞こゆ
(つるきゅうこうになき、こえてんにきこゆ)
剣の刃を渡る
(つるぎのはをわたる)
弦なき弓に羽抜け鳥
(つるなきゆみにはぬけどり)
鶴の脛も切るべからず
(つるのはぎもきるべからず)
鶴の一声
(つるのひとこえ)
鶴は千年、亀は万年
(つるはせんねん、かめはまんねん)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る