「み」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
ミイラ取りがミイラになる
(みいらとりがみいらになる)
見得張るより頬張れ
(みえばるよりほおばれ)
見掛けばかりの空大名
(みかけばかりのからだいみょう)
味方見苦し
(みかたみぐるし)
身から出た錆
(みからでたさび)
右から左
(みぎからひだり)
右と言えば左
(みぎといえばひだり)
右に出る者がない
(みぎにでるものがない)
右の耳から左の耳
(みぎのみみからひだりのみみ)
三行半
(みくだりはん)
神輿を上げる
(みこしをあげる)
見ざる聞かざる言わざる
(みざるきかざるいわざる)
見知らずの口叩き
(みしらずのくちたたき)
水到りて渠成る
(みずいたりてきょなる)
自ら彊めて息まず
(みずからつとめてやまず)
自ら卑うすれば尚し
(みずからひくうすればたっとし)
水清ければ魚棲まず
(みずきよければうおすまず)
水心あれば魚心
(みずごころあればうおごころ)
水と油
(みずとあぶら)
水に絵を描く
(みずにえをかく)
水に流す
(みずにながす)
水の泡となる
(みずのあわとなる)
水の滴るよう
(みずのしたたるよう)
水の低きに就くが如し
(みずのひくきにつくがごとし)
水は方円の器に随う
(みずはほうえんのうつわにしたがう)
水も漏らさぬ
(みずももらさぬ)
水を打ったよう
(みずをうったよう)
水を得た魚のよう
(みずをえたさかなのよう)
水を差す
(みずをさす)
水を離れた魚
(みずをはなれたうお)
水を向ける
(みずをむける)
味噌に入れた塩は他所へは行かぬ
(みそにいれたしおはよそへはいかぬ)
味噌の味噌臭きは食われず
(みそのみそくさきはくわれず)
味噌も糞も一緒
(みそもくそもいっしょ)
味噌を付ける
(みそをつける)
未曾有
(みぞう)
三度諌めて身退く
(みたびいさめてみしりぞく)
三度肘を折って良医となる
(みたびひじをおってりょういとなる)
見たら見流し、聞いたら聞き流し
(みたらみながし、きいたらききながし)
道に遺を拾わず
(みちにいをひろわず)
道は邇きに在りて遠きに求む
(みちはちかきにありてとおきにもとむ)
三日見ぬ間の桜
(みっかみぬまのさくら)
三つ叱って五つほめ、七つ教えて子は育つ
(みっつしかっていつつほめ、ななつおしえてこはそだつ)
三つ子に剃刀
(みつごにかみそり)
三つ子に花
(みつごにはな)
三つ子の魂百まで
(みつごのたましいひゃくまで)
見つめる鍋は煮立たない
(みつめるなべはにたたない)
三つ指、目八分
(みつゆび、めはちぶ)
満つれば虧く
(みつればかく)
見ての極楽、住んでの地獄
(みてのごくらく、すんでのじごく)
身で身を食う
(みでみをくう)
源清ければ流れ清し
(みなもときよければながれきよし)
醜い家鴨の子
(みにくいあひるのこ)
身に過ぎた果報は災いの基
(みにすぎたかほうはわざわいのもと)
見ぬが心憎し
(みぬがこころにくし)
見ぬが花
(みぬがはな)
見ぬ京の物語
(みぬきょうのものがたり)
見ぬ事は話にならぬ
(みぬことははなしにならぬ)
見ぬは極楽、知らぬは仏
(みぬはごくらく、しらぬはほとけ)
見ぬ物清し
(みぬものきよし)
実の生る木は花から知れる
(みのなるきははなからしれる)
実る稲田は頭垂る
(みのるいなだはあたまたる)
実るほど頭の下がる稲穂かな
(みのるほどあたまのさがるいなほかな)
身ほど可愛いものはない
(みほどかわいいものはない)
耳に胼胝ができる
(みみにたこができる)
耳を洗う
(みみをあらう)
耳を掩うて鐘を盗む
(みみをおおうてかねをぬすむ)
耳を貴び、目を賤しむ
(みみをたっとび、めをいやしむ)
見目は果報の基
(みめはかほうのもとい)
見目より心
(みめよりこころ)
身も蓋もない
(みもふたもない)
見よう見真似
(みようみまね)
見ると聞くとは大違い
(みるときくとはおおちがい)
見るは法楽
(みるはほうらく)
見るは目の毒
(みるはめのどく)
身を粉にする
(みをこにする)
身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ
(みをすててこそうかぶせもあれ)
身を捨てる藪はない
(みをすてるやぶはない)
民衆の声は神の声
(みんしゅうのこえはかみのこえ)
皆で渡れば怖くない
(みんなでわたればこわくない)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る