「朝」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
朝雨と女の腕捲り
(あさあめとおんなのうでまくり)
朝雨に傘いらず
(あさあめにかさいらず)
朝起き千両夜起き百両
(あさおきせんりょうよおきひゃくりょう)
朝起きは三文の徳
(あさおきはさんもんのとく)
朝顔の花一時
(あさがおのはないっとき)
朝駆けの駄賃
(あさがけのだちん)
朝酒は門田を売っても飲め
(あさざけはかどたをうってものめ)
朝題目に宵念仏
(あさだいもくによいねんぶつ)
朝茶は七里帰っても飲め
(あさちゃはしちりかえってものめ)
朝虹は雨夕虹は晴れ
(あさにじはあめゆうにじははれ)
朝寝八石の損
(あさねはちこくのそん)
朝寝坊の宵っ張り
(あさねぼうのよいっぱり)
朝の果物は金
(あさのくだものはきん)
朝の来ない夜はない
(あさのこないよるはない)
朝の一時は晩の二時に当たる
(あさのひとときはばんのふたときにあたる)
朝のぴっかり姑の笑い
(あさのぴっかりしゅうとめのわらい)
朝日が西から出る
(あさひがにしからでる)
朝飯前のお茶漬け
(あさめしまえのおちゃづけ)
朝に紅顔ありて夕べに白骨となる
(あしたにこうがんありてゆうべにはっこつとなる)
朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり
(あしたにみちをきかばゆうべにしすともかなり)
朝に夕べを謀らず
(あしたにゆうべをはからず)
一日の計は朝にあり一年の計は元旦にあり
(いちにちのけいはあさにありいちねんのけいはがんたんにあり)
客の朝起き
(きゃくのあさおき)
子馬の朝駆け
(こうまのあさがけ)
乞食の朝謡
(こじきのあさうたい)
駒の朝走り
(こまのあさばしり)
酒と朝寝は貧乏の近道
(さけとあさねはびんぼうのちかみち)
人生、朝露の如し
(じんせい、ちょうろのごとし)
晩の虹は江戸へ行け、朝の虹は隣へ行くな
(ばんのにじはえどへいけ、あさのにじはとなりへいくな)
百川、海に朝す
(ひゃくせん、うみにちょうす)
宵っ張りの朝寝坊
(よいっぱりのあさねぼう)

「朝」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る