「頭」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
頭押さえりゃ尻上がる
(あたまおさえりゃしりあがる)
頭搔くか字を書くか
(あたまかくかじをかくか)
頭かくして尻隠さず
(あたまかくしてしりかくさず)
頭が動けば尾も動く
(あたまがうごけばおもうごく)
頭剃るより心を剃れ
(あたまそるよりこころをそれ)
頭でっかち尻つぼみ
(あたまでっかちしりつぼみ)
頭の上の蠅も追われぬ
(あたまのうえのはえもおわれぬ)
頭の黒い鼠
(あたまのくろいねずみ)
頭の濡れぬ思案
(あたまのぬれぬしあん)
頭禿げても浮気はやまぬ
(あたまはげてもうわきはやまぬ)
一頭地を抜く
(いっとうちをぬく)
芋頭でも頭は頭
(いもがしらでもかしらはかしら)
厭と頭を縦に振る
(いやとかぶりをたてにふる)
鰯の頭も信心から
(いわしのあたまもしんじんから)
己の頭の蠅を追え
(おのれのあたまのはえをおえ)
踵で頭痛を病む
(かかとでずつうをやむ)
頭が動かねば尾が動かぬ
(かしらがうごかねばおがうごかぬ)
頭に霜を戴く
(かしらにしもをいただく)
烏の頭の白くなるまで
(からすのあたまのしろくなるまで)
橋頭堡
(きょうとうほ)
ごまめでも尾頭つき
(ごまめでもおかしらつき)
正直の頭に神宿る
(しょうじきのこうべにかみやどる)
心中より饅頭
(しんじゅうよりまんじゅう)
心頭滅却すれば火もまた涼し
(しんとうめっきゃくすればひもまたすずし)
雪隠で饅頭
(せっちんでまんじゅう)
船頭多くして、船、山へ登る
(せんどうおおくして、ふね、やまへのぼる)
船頭のそら急ぎ
(せんどうのそらいそぎ)
鯛の尾より鰯の頭
(たいのおよりいわしのかしら)
他人の疝気を頭痛に病む
(たにんのせんきをずつうにやむ)
出船に船頭待たず
(でふねにせんどうまたず)
頭角を現す
(とうかくをあらわす)
時の花を挿頭にせよ
(ときのはなをかざしにせよ)
年寄りと釘頭は引っ込むが良し
(としよりとくぎがしらはひっこむがよし)
隣の疝気を頭痛に病む
(となりのせんきをずつうにやむ)
泣く子と地頭には勝てぬ
(なくことじとうにはかてぬ)
二八月は船頭のあぐみ時
(にはちがつはせんどうのあぐみどき)
恥と頭は搔き次第
(はじとあたまはかきしだい)
人の疝気を頭痛に病む
(ひとのせんきをずつうにやむ)
百尺竿頭一歩を進む
(ひゃくしゃくかんとういっぽをすすむ)
舟は船頭に任せよ
(ふねはせんどうにまかせよ)
冬編笠に夏頭巾
(ふゆあみがさになつずきん)
実る稲田は頭垂る
(みのるいなだはあたまたる)
実るほど頭の下がる稲穂かな
(みのるほどあたまのさがるいなほかな)
羊頭を掲げて狗肉を売る
(ようとうをかかげてくにくをうる)

「頭」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る