「如」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
危うきこと虎の尾を踏むが如し
(あやうきこととらのおをふむがごとし)
危うきこと累卵の如し
(あやうきことるいらんのごとし)
一見、旧の如し
(いっけん、きゅうのごとし)
魚の木に登るが如し
(うおのきにのぼるがごとし)
魚の釜中に遊ぶが如し
(うおのふちゅうにあそぶがごとし)
己に如かざる者を友とするなかれ
(おのれにしかざるものをともとするなかれ)
影の形に随うが如し
(かげのかたちにしたがうがごとし)
鼎の沸くが如し
(かなえのわくがごとし)
禍福は糾える縄の如し
(かふくはあざなえるなわのごとし)
帰心、矢の如し
(きしん、やのごとし)
綺羅星の如し
(きらぼしのごとし)
錐の嚢中に処るが如し
(きりののうちゅうにおるがごとし)
傾蓋、旧の如し
(けいがい、きゅうのごとし)
外面似菩薩、内心如夜叉
(げめんじぼさつ、ないしんにょやしゃ)
光陰、矢の如し
(こういん、やのごとし)
功詐は拙誠に如かず
(こうさはせっせいにしかず)
巧遅は拙速に如かず
(こうちはせっそくにしかず)
尽く書を信ずれば即ち書なきに如かず
(ことごとくしょをしんずればすなわちしょなきにしかず)
子を見ること親に如かず
(こをみることおやにしかず)
三十六計逃げるに如かず
(さんじゅうろっけいにげるにしかず)
芝蘭の室に入るが如し
(しらんのしつにいるがごとし)
十読は一写に如かず
(じゅうどくはいちしゃにしかず)
十年一日の如し
(じゅうねんいちじつのごとし)
人生、朝露の如し
(じんせい、ちょうろのごとし)
過ぎたるは猶及ばざるが如し
(すぎたるはなおおよばざるがごとし)
赤貧洗うが如し
(せきひんあらうがごとし)
千人の諾諾は一士の諤諤に如かず
(せんにんのだくだくはいっしのがくがくにしかず)
善悪の報いは影の形に随うが如し
(ぜんあくのむくいはかげのかたちにしたがうがごとし)
大賢は愚なるが如し
(たいけんはぐなるがごとし)
大功は拙なるが如し
(たいこうはせつなるがごとし)
大智は愚の如し
(たいちはぐのごとし)
玉の杯、底なきが如し
(たまのさかずき、そこなきがごとし)
脱兎の如し
(だっとのごとし)
男子の一言、金鉄の如し
(だんしのいちごん、きんてつのごとし)
地の利は人の和に如かず
(ちのりはひとのわにしかず)
天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず
(てんのときはちのりにしかず、ちのりはひとのわにしかず)
弟子を見る事師に如かず
(でしをみることしにしかず)
錦を衣て夜行くが如し
(にしきをきてよるゆくがごとし)
嚢中の物を探るが如し
(のうちゅうのものをさぐるがごとし)
薄氷を履むが如し
(はくひょうをふむがごとし)
始めは処女の如く後は脱兎の如し
(はじめはしょじょのごとくのちはだっとのごとし)
白駒の隙を過ぐるが如し
(はっくのげきをすぐるがごとし)
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し
(ひとのいっしょうはおもにをおうてとおきみちをゆくがごとし)
人の心は面の如し
(ひとのこころはおもてのごとし)
人を恃むは自ら恃むに如かず
(ひとをたのむはみずからたのむにしかず)
百芸は一芸の精しきに如かず
(ひゃくげいはいちげいのくわしきにしかず)
百聞は一見に如かず
(ひゃくぶんはいっけんにしかず)
富貴は浮雲の如し
(ふうきはふうんのごとし)
浮生夢の如し
(ふせいゆめのごとし)
符節を合するが如し
(ふせつをがっするがごとし)
弊履を棄つるが如し
(へいりをすつるがごとし)
星を数うる如し
(ほしをかぞうるごとし)
水の低きに就くが如し
(みずのひくきにつくがごとし)
安きこと泰山の如し
(やすきことたいざんのごとし)
良賈は深く蔵して虚しきが如し
(りょうこはふかくぞうしてむなしきがごとし)
綸言汗の如し
(りんげんあせのごとし)
例によって例の如し
(れいによってれいのごとし)

「如」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る