「能」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
効能書きの読めぬ所に効能あり
(こうのうがきのよめぬところにこうのうあり)
駟馬も追う能ず
(しばもおうあたわず)
敵は本能寺にあり
(てきはほんのうじにあり)
能ある鷹は爪を隠す
(のうあるたかはつめをかくす)
能書きの読めぬ所に効き目あり
(のうがきのよめぬところにききめあり)
能書筆を択ばず
(のうしょふでをえらばず)
能事畢る
(のうじおわる)
能なし犬は昼吠える
(のうなしいぬはひるほえる)
能なしの口叩き
(のうなしのくちたたき)
不可能という言葉は我が辞書にはない
(ふかのうということばはわがじしょにはない)
学ぶに暇あらずと謂う者は暇ありと雖も亦学ぶ能わず
(まなぶにいとまあらずというものはいとまありといえどもまたまなぶあたわず)
余の辞書には不可能という言葉はない
(よのじしょにはふかのうということばはない)

「能」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る