「百」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
朝起き千両夜起き百両
(あさおきせんりょうよおきひゃくりょう)
明日の百より今日の五十
(あすのひゃくよりきょうのごじゅう)
一日一字を学べば三百六十字
(いちにちいちじをまなべばさんびゃくろくじゅうじ)
一文惜しみの百知らず
(いちもんおしみのひゃくしらず)
一犬影に吠ゆれば百犬声に吠ゆ
(いっけんかげにほゆればひゃっけんこえにほゆ)
嘘八百
(うそはっぴゃく)
江戸は八百八町、大坂は八百八橋
(えどははっぴゃくやちょう、おおさかははっぴゃくやばし)
男は裸百貫
(おとこははだかひゃっかん)
お百度を踏む
(おひゃくどをふむ)
お前百までわしゃ九十九まで
(おまえひゃくまでわしゃくじゅうくまで)
風邪は百病のもと
(かぜはひゃくびょうのもと)
彼を知り己を知れば百戦殆うからず
(かれをしりおのれをしればひゃくせんあやうからず)
かわいさ余って憎さが百倍
(かわいさあまってにくさがひゃくばい)
堪忍の忍の字が百貫する
(かんにんのにんのじがひゃっかんする)
聞いた百文より見た一文
(きいたひゃくもんよりみたいちもん)
愚者の百行より知者の居眠り
(ぐしゃのひゃっこうよりちしゃのいねむり)
孝は百行の本
(こうはひゃっこうのもと)
小言八百愚痴千粒
(こごとはっぴゃくぐちせんつぶ)
五十歩百歩
(ごじっぽひゃっぽ)
酒は百毒の長
(さけはひゃくどくのちょう)
酒は百薬の長
(さけはひゃくやくのちょう)
触り三百
(さわりさんびゃく)
三歳の翁、百歳の童子
(さんさいのおきな、ひゃくさいのどうじ)
思案の案の字が百貫する
(しあんのあんのじがひゃっかんする)
四百四病の外
(しひゃくしびょうのほか)
四百四病より貧の苦しみ
(しひゃくしびょうよりひんのくるしみ)
雀百まで踊り忘れず
(すずめひゃくまでおどりわすれず)
立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花
(たてばしゃくやく、すわればぼたん、あるくすがたはゆりのはな)
道理百遍、義理一遍
(どうりひゃっぺん、ぎりいっぺん)
読書百遍、義、自ずから見る
(どくしょひゃっぺん、ぎ、おのずからあらわる)
二百二十日の荒れ仕舞
(にひゃくはつかのあれじまい)
女房は山の神百国の位
(にょうぼうはやまのかみひゃっこくのくらい)
女房百日、馬二十日
(にょうぼうひゃくにち、うまはつか)
裸百貫
(はだかひゃっかん)
八歳の翁、百歳の童
(はっさいのおきな、ひゃくさいのわらべ)
祖母育ちは三百安い
(ばばそだちはさんびゃくやすい)
百害あって一利なし
(ひゃくがいあっていちりなし)
百菊作るに因って花変ず
(ひゃくぎくつくるによってはなへんず)
百芸は一芸の精しきに如かず
(ひゃくげいはいちげいのくわしきにしかず)
百歳の童、七歳の翁
(ひゃくさいのわらべ、しちさいのおきな)
百尺竿頭一歩を進む
(ひゃくしゃくかんとういっぽをすすむ)
百姓の泣き言と医者の手柄話
(ひゃくしょうのなきごとといしゃのてがらばなし)
百姓百層倍
(ひゃくしょうひゃくそうばい)
百丈の木に登って一丈の枝より落つる
(ひゃくじょうのきにのぼっていちじょうのえだよりおつる)
百川、海に朝す
(ひゃくせん、うみにちょうす)
百戦百勝は善の善なる者に非ず
(ひゃくせんひゃくしょうはぜんのぜんなるものにあらず)
百日の説法、屁一つ
(ひゃくにちのせっぽう、へひとつ)
百日の労、一日の楽
(ひゃくにちのろう、いちにちのらく)
百年河清を俟つ
(ひゃくねんかせいをまつ)
百聞は一見に如かず
(ひゃくぶんはいっけんにしかず)
百も承知、二百も合点
(ひゃくもしょうち、にひゃくもがてん)
百里来た道は百里帰る
(ひゃくりきたみちはひゃくりかえる)
百里を行く者は九十里を半ばとす
(ひゃくりをいくものはくじゅうりをなかばとす)
減らぬものなら金百両、死なぬものなら子は一人
(へらぬものならかねひゃくりょう、しなぬものならこはひとり)
三つ子の魂百まで
(みつごのたましいひゃくまで)
八百長
(やおちょう)

「百」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る