「風」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
秋風が立つ
(あきかぜがたつ)
秋風と夫婦喧嘩は日が入りゃ止む
(あきかぜとふうふげんかはひがいりゃやむ)
商人と屏風は直ぐには立たぬ
(あきんどとびょうぶはすぐにはたたぬ)
明日は明日の風が吹く
(あしたはあしたのかぜがふく)
あったら口に風邪をひかす
(あったらくちにかぜをひかす)
網の目に風たまらず
(あみのめにかぜたまらず)
網の目に風たまる
(あみのめにかぜたまる)
雨塊を破らず、風枝を鳴らさず
(あめつちくれをやぶらず、かぜえだをならさず)
阿波に吹く風は讃岐にも吹く
(あわにふくかぜはさぬきにもふく)
一に褒められ二に憎まれ三に惚れられ四に風邪ひく
(いちにほめられにににくまれさんにほれられしにかぜひく)
一番風呂は馬鹿が入る
(いちばんぶろはばかがはいる)
一世を風靡する
(いっせいをふうびする)
入り船に良い風出船に悪い
(いりふねによいかぜでふねにわるい)
産屋の風邪は一生つく
(うぶやのかぜはいっしょうつく)
越鳥南枝に巣くい、胡馬北風に嘶く
(えっちょうなんしにすくい、こばほくふうにいななく)
大風が吹けば桶屋が儲かる
(おおかぜがふけばおけやがもうかる)
大きな家には大きな風
(おおきないえにはおおきなかぜ)
大風呂敷を広げる
(おおぶろしきをひろげる)
臆病風に吹かれる
(おくびょうかぜにふかれる)
嬶天下にからっ風
(かかあでんかにからっかぜ)
風上にも置けない
(かざかみにもおけない)
風が吹けば桶屋が儲かる
(かぜがふけばおけやがもうかる)
風に櫛り雨に沐う
(かぜにくしけずりあめにかみあらう)
風に柳
(かぜにやなぎ)
風の便り
(かぜのたより)
風の前の塵
(かぜのまえのちり)
風邪は百病のもと
(かぜはひゃくびょうのもと)
風は吹けども山は動せず
(かぜはふけどもやまはどうせず)
風邪は万病のもと
(かぜはまんびょうのもと)
風を食らう
(かぜをくらう)
樹静かならんと欲すれども風止まず
(きしずかならんとほっすれどもかぜやまず)
喬木は風に折らる
(きょうぼくはかぜにおらる)
水母の風向かい
(くらげのかぜむかい)
高木は風に折らる
(こうぼくはかぜにおらる)
子供は風の子、大人は火の子
(こどもはかぜのこ、おとなはひのこ)
胡馬、北風に嘶く
(こば、ほくふうにいななく)
山雨来らんとして、風、楼に満つ
(さんうきたらんとして、かぜ、ろうにみつ)
疾風に勁草を知る
(しっぷうにけいそうをしる)
透き間風は冷たい
(すきまかぜはつめたい)
節季の風邪は買っても引け
(せっきのかぜはかってもひけ)
大木は風に折らる
(たいぼくはかぜにおらる)
たまに出る子は風に遭う
(たまにでるこはかぜにあう)
月に叢雲、花に風
(つきにむらくも、はなにかぜ)
出船によい風は入り船に悪い
(でふねによいかぜはいりふねにわるい)
どうした風の吹き回し
(どうしたかぜのふきまわし)
夏の風邪は犬も食わぬ
(なつのかぜはいぬもくわぬ)
南風競わず
(なんぷうきそわず)
西風と夫婦喧嘩は夕限り
(にしかぜとふうふげんかはゆうかぎり)
花盗人は風流のうち
(はなぬすびとはふうりゅうのうち)
人と屏風は直ぐには立たぬ
(ひととびょうぶはすぐにはたたぬ)
屏風と商人は直ぐには立たぬ
(びょうぶとあきんどはすぐにはたたぬ)
風雲急を告げる
(ふううんきゅうをつげる)
風樹の歎
(ふうじゅのたん)
風前の灯火
(ふうぜんのともしび)
風馬牛
(ふうばぎゅう)
風流は寒いもの
(ふうりゅうはさむいもの)
吹く風枝を鳴らさず
(ふくかぜえだをならさず)
舟は帆任せ、帆は風任せ
(ふねはほまかせ、ほはかぜまかせ)
風呂と客は立ったが良い
(ふろときゃくはたったがよい)
分相応に風が吹く
(ぶんそうおうにかぜがふく)
昔は肩で風を切り、今は歩くに息を切る
(むかしはかたでかぜをきり、いまはあるくにいきをきる)
無常の風は時を選ばず
(むじょうのかぜはときをえらばず)
目病み女に風邪引き男
(めやみおんなにかぜひきおとこ)
物言えば唇寒し秋の風
(ものいえばくちびるさむしあきのかぜ)
柳に風
(やなぎにかぜ)
弱みに付け込む風邪の神
(よわみにつけこむかぜのかみ)

「風」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る