「報」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
悪の報いは針の先
(あくのむくいははりのさき)
仇を恩で報ずる
(あだをおんでほうずる)
一矢を報いる
(いっしをむくいる)
陰徳あれば必ず陽報あり
(いんとくあればかならずようほうあり)
怨みに報ゆるに徳を以てす
(うらみにむくゆるにとくをもってす)
起きて働く果報者
(おきてはたらくかほうもの)
親の因果が子に報う
(おやのいんががこにむくう)
恩を以て怨みに報ず
(おんをもってうらみにほうず)
果報は寝て待て
(かほうはねてまて)
善悪の報いは影の形に随うが如し
(ぜんあくのむくいはかげのかたちにしたがうがごとし)
善には善の報い、悪には悪の報い
(ぜんにはぜんのむくい、あくにはあくのむくい)
大恩は報せず
(たいおんはほうせず)
徳を以て怨みに報ゆ
(とくをもってうらみにむくゆ)
振られて帰る果報者
(ふられてかえるかほうもの)
箆増しは果報持ち
(へらましはかほうもち)
身に過ぎた果報は災いの基
(みにすぎたかほうはわざわいのもと)
見目は果報の基
(みめはかほうのもとい)

「報」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る