「末」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
縁と浮き世は末を待て
(えんとうきよはすえをまて)
三代続けば末代続く
(さんだいつづけばまつだいつづく)
末大なれば必ず折る
(すえだいなればかならずおる)
末の露、本の雫
(すえのつゆ、もとのしずく)
断末魔
(だんまつま)
問うは一旦の恥、問わぬは末代の恥
(とうはいったんのはじ、とわぬはまつだいのはじ)
根浅ければ則ち末短く、本傷るれば則ち枝枯る
(ねあさければすなわちすえみじかく、もとやぶるればすなわちえだかる)
始めを言わねば末が聞こえぬ
(はじめをいわねばすえがきこえぬ)
人は一代、名は末代
(ひとはいちだい、なはまつだい)
本木に勝る末木なし
(もときにまさるうらきなし)

「末」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る