「烏」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
烏賊の甲より年の劫
(いかのこうよりとしのこう)
今鳴いた烏がもう笑う
(いまないたからすがもうわらう)
烏合の衆
(うごうのしゅう)
兎の真似をする烏
(うのまねをするからす)
烏有に帰す
(うゆうにきす)
烏鷺の争い
(うろのあらそい)
屋烏の愛
(おくうのあい)
烏に反哺の孝あり
(からすにはんぽのこうあり)
烏の頭の白くなるまで
(からすのあたまのしろくなるまで)
烏の行水
(からすのぎょうずい)
烏の雌雄
(からすのしゆう)
烏を鷺
(からすをさぎ)
権兵衛が種蒔きゃ烏がほじくる
(ごんべえがたねまきゃからすがほじくる)
鷺と烏
(さぎとからす)
鷺を烏と言いくるめる
(さぎをからすといいくるめる)
猿に烏帽子
(さるにえぼし)
誰か烏の雌雄を知らんや
(たれかからすのしゆうをしらんや)
月落ち烏啼いて霜天に満つ
(つきおちからすないてしもてんにみつ)
亭主の好きな赤烏帽子
(ていしゅのすきなあかえぼし)
どこの烏も黒さは変わらぬ
(どこのからすもくろさはかわらぬ)
似たものは烏
(にたものはからす)
鳩に三枝の礼あり、烏に反哺の孝あり
(はとにさんしのれいあり、からすにはんぽのこうあり)
闇夜に烏、雪に鷺
(やみよにからす、ゆきにさぎ)

「烏」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る