「間」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
鼬なき間の貂誇り
(いたちなきまのてんほこり)
鬼の居ぬ間に洗濯
(おにのいぬまにせんたく)
間、髪を容れず
(かん、はつをいれず)
間一髪
(かんいっぱつ)
間然するところなし
(かんぜんするところなし)
気が利きすぎて間が抜ける
(きがききすぎてまがぬける)
九尺二間に戸が一枚
(くしゃくにけんにとがいちまい)
口から出れば世間
(くちからでればせけん)
猿は人間に毛が三筋足らぬ
(さるはにんげんにけがみすじたらぬ)
指呼の間
(しこのかん)
透き間風は冷たい
(すきまかぜはつめたい)
急かねば事が間に合わぬ
(せかねばことがまにあわぬ)
世間知らずの高枕
(せけんしらずのたかまくら)
世間の口に戸は立てられぬ
(せけんのくちにとはたてられぬ)
世間は張り物
(せけんははりもの)
世間は広いようで狭い
(せけんはひろいようでせまい)
適時の一針は九針の手間を省く
(てきじのいっしんはきゅうしんのてまをはぶく)
時を得た一針は九針の手間を省く
(ときをえたいっしんはきゅうしんのてまをはぶく)
人間至る処、青山あり
(にんげんいたるところ、せいざんあり)
人間一生二万日
(にんげんいっしょうにまんにち)
人間は考える葦である
(にんげんはかんがえるあしである)
人間は万物の尺度
(にんげんはばんぶつのしゃくど)
人間は実が入れば仰向く、菩薩は実が入れば俯く
(にんげんはみがいればあおむく、ぼさつはみがいればうつむく)
人間万事金の世の中
(にんげんばんじかねのよのなか)
人間万事塞翁が馬
(にんげんばんじさいおうがうま)
人間僅か五十年
(にんげんわずかごじゅうねん)
寝た間は仏
(ねたまはほとけ)
寝る間が極楽
(ねるまがごくらく)
伯仲の間
(はくちゅうのかん)
日方と手間取りは日のうち
(ひかたとてまどりはひのうち)
広い世間を狭くする
(ひろいせけんをせまくする)
鮒の仲間には鮒が王
(ふなのなかまにはふながおう)
間尺に合わない
(ましゃくにあわない)
待つ間が花
(まつまがはな)
三日見ぬ間の桜
(みっかみぬまのさくら)
目睫の間
(もくしょうのかん)
世の中は三日見ぬ間の桜かな
(よのなかはみっかみぬまのさくらかな)
林間に酒を煖めて紅葉を焼く
(りんかんにさけをあたためてこうようをたく)
留守見舞いは間遠にせよ
(るすみまいはまどおにせよ)
渡る世間に鬼はない
(わたるせけんにおにはない)

「間」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る