「雨」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
秋の雨が降れば猫の顔が三尺になる
(あきのあめがふればねこのかおがさんじゃくになる)
朝雨と女の腕捲り
(あさあめとおんなのうでまくり)
朝雨に傘いらず
(あさあめにかさいらず)
朝虹は雨夕虹は晴れ
(あさにじはあめゆうにじははれ)
雨垂れ石を穿つ
(あまだれいしをうがつ)
雨垂れは三途の川
(あまだれはさんずのかわ)
雨夜の月
(あまよのつき)
雨が降ろうが槍が降ろうが
(あめがふろうがやりがふろうが)
雨塊を破らず、風枝を鳴らさず
(あめつちくれをやぶらず、かぜえだをならさず)
雨の降る日は天気が悪い
(あめのふるひはてんきがわるい)
雨は花の父母
(あめははなのふぼ)
雨晴れて笠を忘れる
(あめはれてかさをわすれる)
雨降って地固まる
(あめふってじかたまる)
雨後の筍
(うごのたけのこ)
風に櫛り雨に沐う
(かぜにくしけずりあめにかみあらう)
干天の慈雨
(かんてんのじう)
蛟竜、雲雨を得
(こうりょう、うんうをう)
山雨来らんとして、風、楼に満つ
(さんうきたらんとして、かぜ、ろうにみつ)
四十過ぎての道楽と七つ下がって降る雨は止みそうで止まぬ
(しじゅうすぎてのどうらくとななつさがってふるあめはやみそうでやまぬ)
頼む木陰に雨が漏る
(たのむこかげにあめがもる)
月に雨笠日笠なし
(つきにあまがさひがさなし)
手を翻せば雲となり、手を覆せば雨となる
(てをひるがえせばくもとなり、てをくつがえせばあめとなる)
七つ下がりの雨と四十過ぎての道楽はやまぬ
(ななつさがりのあめとしじゅうすぎてのどうらくはやまぬ)
俄雨と女の腕捲り
(にわかあめとおんなのうでまくり)
旱に雨
(ひでりにあめ)
夜上がり天気雨近し
(よあがりてんきあめちかし)

「雨」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る