「行」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
畦から行くも田から行くも同じ
(あぜからいくもたからいくもおなじ)
後へも先へも行かぬ
(あとへもさきへもいかぬ)
言うと行うとは別問題である
(いうとおこなうとはべつもんだいである)
言うは易く行うは難し
(いうはやすくおこなうはかたし)
行き掛けの駄賃
(いきがけ(ゆきがけ)のだちん)
行く行くの長居り
(いくいくのながおり)
裏の裏を行く
(うらのうらをいく)
火事と葬式に行けば勘当もゆりる
(かじとそうしきにいけばかんどうもゆりる)
金は片行き
(かねはかたいき)
烏の行水
(からすのぎょうずい)
供養より施行
(くようよりせぎょう)
水母の行列
(くらげのぎょうれつ)
愚者の百行より知者の居眠り
(ぐしゃのひゃっこうよりちしゃのいねむり)
孝行のしたい時分に親はなし
(こうこうのしたいじぶんにおやはなし)
孝行も子による
(こうこうもこによる)
好事門を出でず、悪事千里を行く
(こうじもんをいでず、あくじせんりをいく)
孝は百行の本
(こうはひゃっこうのもと)
高慢は出世の行き止まり
(こうまんはしゅっせのいきどまり)
子供叱るな来た道だ老人笑うな行く道だ
(こどもしかるなきたみちだろうじんわらうないくみちだ)
小糠三合あったら婿に行くな
(こぬかさんごうあったらむこにいくな)
米の飯と天道様はどこへ行っても付いて回る
(こめのめしとてんとうさまはどこへいってもついてまわる)
今度と化け物には行き会った事がない
(こんどとばけものにはいきあったことがない)
去り跡へ行くとも死に跡へ行くな
(さりあとへゆくともしにあとへゆくな)
三人行えば必ずわが師あり
(さんにんおこなえばかならずわがしあり)
死なぬ子三人、皆孝行
(しなぬこさんにん、みなこうこう)
自慢は知恵の行き止まり
(じまんはちえのいきどまり)
千里の行も足下より始まる
(せんりのこうもそっかよりはじまる)
大行は細謹を顧みず
(たいこうはさいきんをかえりみず)
田から行くも畦から行くも同じ事
(たからいくもあぜからいくもおなじこと)
田を行くも畦を行くも同じ
(たをいくもあぜをいくもおなじ)
断じて行えば鬼神も之を避く
(だんじておこなえばきしんもこれをさく)
釣りは道楽の行き止まり
(つりはどうらくのいきどまり)
天馬空を行く
(てんばくうをゆく)
遠きに行くは必ず近きよりす
(とおきにゆくはかならずちかきよりす)
夏は日向を行け、冬は日陰を行け
(なつはひなたをいけ、ふゆはひかげをいけ)
錦を衣て夜行くが如し
(にしきをきてよるゆくがごとし)
晩の虹は江戸へ行け、朝の虹は隣へ行くな
(ばんのにじはえどへいけ、あさのにじはとなりへいくな)
一筋縄では行かない
(ひとすじなわではいかない)
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し
(ひとのいっしょうはおもにをおうてとおきみちをゆくがごとし)
百里を行く者は九十里を半ばとす
(ひゃくりをいくものはくじゅうりをなかばとす)
三行半
(みくだりはん)
味噌に入れた塩は他所へは行かぬ
(みそにいれたしおはよそへはいかぬ)
行き大名の帰り乞食
(ゆきだいみょうのかえりこじき)
理屈上手の行い下手
(りくつじょうずのおこないべた)

「行」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る