「殺」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
窮鳥懐に入れば猟師も殺さず
(きゅうちょうふところにいればりょうしもころさず)
金の卵を産む鵞鳥を殺すな
(きんのたまごをうむがちょうをころすな)
薬師は人を殺せど薬人を殺さず
(くすしはひとをころせどくすりひとをころさず)
薬人を殺さず、薬師人を殺す
(くすりひとをころさず、くすしひとをころす)
食わぬ殺生
(くわぬせっしょう)
子供は教え殺せ、馬は飼い殺せ
(こどもはおしえころせ、うまはかいころせ)
小の虫を殺して大の虫を助ける
(しょうのむしをころしてだいのむしをたすける)
曽参、人を殺す
(そうしん、ひとをころす)
大の虫を生かして小の虫を殺す
(だいのむしをいかしてしょうのむしをころす)
角を矯めて牛を殺す
(つのをためてうしをころす)
天道、人を殺さず
(てんどう、ひとをころさず)
猫を殺せば七代祟る
(ねこをころせばしちだいたたる)
蛇の生殺し
(へびのなまごろし)
虫も殺さぬ
(むしもころさぬ)
目で殺す
(めでころす)
世渡りの殺生は釈迦も許す
(よわたりのせっしょうはしゃかもゆるす)

「殺」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る