「事」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
秋葉山から火事
(あきばさんからかじ)
悪事、千里を走る
(あくじ、せんりをはしる)
悪事、身にかえる
(あくじ、みにかえる)
悪は一旦の事なり
(あくはいったんのことなり)
明日の事は明日案じよ
(あすのことはあすあんじよ)
明日の事を言えば鬼が笑う
(あすのことをいえばおにがわらう)
当て事と越中褌は向こうから外れる
(あてごととえっちゅうふんどしはむこうからはずれる)
一事が万事
(いちじがばんじ)
旨い事は二度考えよ
(うまいことはにどかんがえよ)
海の事は漁師に問え
(うみのことはりょうしにとえ)
思う事一つ叶えばまた一つ
(おもうことひとつかなえばまたひとつ)
陰では王様の事も言う
(かげではおうさまのこともいう)
陰では殿の事も言う
(かげではとののこともいう)
火事あとの釘拾い
(かじあとのくぎひろい)
火事あとの火の用心
(かじあとのひのようじん)
火事と喧嘩は江戸の花
(かじとけんかはえどのはな)
火事と葬式に行けば勘当もゆりる
(かじとそうしきにいけばかんどうもゆりる)
火事場の馬鹿力
(かじばのばかぢから)
片口聞いて公事を分くるな
(かたくちきいてくじをわくるな)
軽い返事に重い尻
(かるいへんじにおもいしり)
癇癪持ちの事破り
(かんしゃくもちのことやぶり)
棺を蓋いて事定まる
(かんをおおいてことさだまる)
聞いた事は聞き捨て
(きいたことはききすて)
聞かぬ事は後学にならず
(きかぬことはこうがくにならず)
客と白鷺は立ったが見事
(きゃくとしらさぎはたったがみごと)
金時の火事見舞い
(きんときのかじみまい)
口自慢の仕事下手
(くちじまんのしごとべた)
好事、魔多し
(こうじ、まおおし)
好事門を出でず、悪事千里を行く
(こうじもんをいでず、あくじせんりをいく)
志ある者は事竟に成る
(こころざしあるものはことついになる)
事ある時は仏の足を戴く
(ことあるときはほとけのあしをいただく)
事がな笛吹かん
(ことがなふえふかん)
事が延びれば尾鰭が付く
(ことがのびればおひれがつく)
今度と化け物には行き会った事がない
(こんどとばけものにはいきあったことがない)
後生が大事
(ごしょうがだいじ)
後生大事や金欲しや死んでも命のあるように
(ごしょうだいじやかねほしやしんでもいのちのあるように)
三度の火事より一度の後家
(さんどのかじよりいちどのごけ)
仕事幽霊飯弁慶、その癖夏痩せ寒細り、たまたま肥ゆれば腫れ病
(しごとゆうれいめしべんけい、そのくせなつやせかんぼそり、たまたまこゆればはれやまい)
しょう事なしに米の飯
(しょうことなしにこめのめし)
小事は大事
(しょうじはだいじ)
地震、雷、火事、親父
(じしん、かみなり、かじ、おやじ)
事実は小説よりも奇なり
(じじつはしょうせつよりもきなり)
人事を尽くして天命を待つ
(じんじをつくしててんめいをまつ)
好いた事はせぬが損
(すいたことはせぬがそん)
好きな事には騙され易い
(すきなことにはだまされやすい)
精神一到、何事か成らざん
(せいしんいっとう、なにごとかならざん)
急いては事を仕損じる
(せいてはことをしそんじる)
急かねば事が間に合わぬ
(せかねばことがまにあわぬ)
急く事はゆるりとせよ
(せくことはゆるりとせよ)
袖から火事
(そでからかじ)
対岸の火事
(たいがんのかじ)
田から行くも畦から行くも同じ事
(たからいくもあぜからいくもおなじこと)
竹屋の火事
(たけやのかじ)
立つより返事
(たつよりへんじ)
田の事すれば畑が荒れる
(たのことすればはたけがあれる)
足る事を知る
(たることをしる)
大事の前の小事
(だいじのまえのしょうじ)
大事は小事より起こる
(だいじはしょうじよりおこる)
常が大事
(つねがだいじ)
手でする事を足でする
(てですることをあしでする)
弟子を見る事師に如かず
(でしをみることしにしかず)
遠くの火事、背中の灸
(とおくのかじ、せなかのきゅう)
とかく近所に事なかれ
(とかくきんじょにことなかれ)
隣は火事でも先ず一服
(となりはかじでもまずいっぷく)
何事も三度
(なにごともさんど)
人間万事金の世の中
(にんげんばんじかねのよのなか)
人間万事塞翁が馬
(にんげんばんじさいおうがうま)
能事畢る
(のうじおわる)
始めが大事
(はじめがだいじ)
早くて悪し大事なし、遅くて悪し猶悪し
(はやくてわるしだいじなし、おそくてわるしなおわるし)
腹の立つ事は明日言え
(はらのたつことはあすいえ)
万事休す
(ばんじきゅうす)
秘事は睫
(ひじはまつげ)
人事言えば影が差す
(ひとごといえばかげがさす)
人事言わば筵敷け
(ひとごといわばむしろしけ)
一つ事は同じ事
(ひとつことはおなじこと)
人の初事は咎めぬもの
(ひとのういごとはとがめぬもの)
人の事は我の事
(ひとのことはわれのこと)
人の事より我が事
(ひとのことよりわがこと)
人の牛蒡で法事する
(ひとのごぼうでほうじする)
人は落ち目が大事
(ひとはおちめがだいじ)
人は陰が大事
(ひとはかげがだいじ)
人は堯舜にあらず、何ぞ事事によく善を尽くさん
(ひとはぎょうしゅんにあらず、なんぞことごとによくぜんをつくさん)
火を見たら火事と思え
(ひをみたらかじとおもえ)
無事これ貴人
(ぶじこれきじん)
屁と火事は元から騒ぐ
(へとかじはもとからさわぐ)
坊主捨て置け医者大事
(ぼうずすておけいしゃだいじ)
見ぬ事は話にならぬ
(みぬことははなしにならぬ)
昔から言う事に嘘はない
(むかしからいうことにうそはない)
物は言いなし事は聞きなし
(ものはいいなしことはききなし)
藪に蛇なかれ村に事なかれ
(やぶにへびなかれむらにことなかれ)
来年の事を言えば鬼が笑う
(らいねんのことをいえばおにがわらう)
礼儀も事による
(れいぎもことによる)
我が事と下り坂に走らぬ者なし
(わがこととくだりざかにはしらぬものなし)
我が身の事は人に問え
(わがみのことはひとにとえ)

「事」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る