「借」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
負わず借らずに子三人
(おわずからずにこさんにん)
貸した物は忘れぬが借りたものは忘れる
(かしたものはわすれぬがかりたものはわすれる)
敵の前より借金の前
(かたきのまえよりしゃっきんのまえ)
金の貸し借り不和の基
(かねのかしかりふわのもと)
借り着より洗い着
(かりぎよりあらいぎ)
借りて借り得、貸して貸し損
(かりてかりどく、かしてかしぞん)
借りてきた猫
(かりてきたねこ)
借りる時の地蔵顔、返す時の閻魔顔
(かりるときのじぞうがお、かえすときのえんまがお)
借りる八合、済す一升
(かりるはちごう、なすいっしょう)
高い舟借りて安い小魚釣る
(たかいふねかりてやすいこざかなつる)
猫の手も借りたい
(ねこのてもかりたい)
春は蛙が目を借りる
(はるはかえるがめをかりる)
世の中は年中三月常月夜、嬶十七俺二十、負わず借らずに子三人
(よのなかはねんじゅうさんがつじょうつきよ、かかあじゅうしちおれはたち、おわずからずにこさんにん)

「借」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る