「走」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
悪事、千里を走る
(あくじ、せんりをはしる)
韋駄天走り
(いだてんばしり)
狡兎死して走狗烹らる
(こうとししてそうくにらる)
駒の朝走り
(こまのあさばしり)
死せる孔明、生ける仲達を走らす
(しせるこうめい、いけるちゅうたつをはしらす)
師走女房難つけな
(しわすにょうぼうなんつけな)
脛に疵持てば笹原走る
(すねにきずもてばささはらはしる)
銭は足なくして走る
(ぜにはあしなくしてはしる)
馳走終わらば油断すな
(ちそうおわらばゆだんすな)
二月は逃げて走る
(にがつはにげてはしる)
走り馬にも鞭
(はしりうまにもむち)
走れば躓く
(はしればつまずく)
虫酸が走る
(むしずがはしる)
我が事と下り坂に走らぬ者なし
(わがこととくだりざかにはしらぬものなし)

「走」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る