「代」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
姉女房は身代の薬
(あねにょうぼうはしんだいのくすり)
犬一代に狸一匹
(いぬいちだいにたぬきいっぴき)
売家と唐様で書く三代目
(うりいえとからようでかくさんだいめ)
女三人あれば身代が潰れる
(おんなさんにんあればしんだいがつぶれる)
三代続けば末代続く
(さんだいつづけばまつだいつづく)
財は一代の宝
(ざいはいちだいのたから)
知恵は万代の宝
(ちえはばんだいのたから)
長者に二代なし
(ちょうじゃににだいなし)
問うは一旦の恥、問わぬは末代の恥
(とうはいったんのはじ、とわぬはまつだいのはじ)
富は一生の宝、知は万代の宝
(とみはいっしょうのたから、ちはばんだいのたから)
猫を殺せば七代祟る
(ねこをころせばしちだいたたる)
人は一代、名は末代
(ひとはいちだい、なはまつだい)
火元は七代祟る
(ひもとはしちだいたたる)
娘三人持てば身代潰す
(むすめさんにんもてばしんだいつぶす)

「代」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る