「夏」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
戴く物は夏も小袖
(いただくものはなつもこそで)
仕事幽霊飯弁慶、その癖夏痩せ寒細り、たまたま肥ゆれば腫れ病
(しごとゆうれいめしべんけい、そのくせなつやせかんぼそり、たまたまこゆればはれやまい)
天地、夏冬、雪と墨
(てんち、なつふゆ、ゆきとすみ)
飛んで火に入る夏の虫
(とんでひにいるなつのむし)
夏歌うものは冬泣く
(なつうたうものはふゆなく)
夏の風邪は犬も食わぬ
(なつのかぜはいぬもくわぬ)
夏の虫、氷を笑う
(なつのむし、こおりをわらう)
夏は日向を行け、冬は日陰を行け
(なつはひなたをいけ、ふゆはひかげをいけ)
冬編笠に夏頭巾
(ふゆあみがさになつずきん)
貰う物は夏も小袖
(もらうものはなつもこそで)

「夏」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る