「禍福は糾える縄の如し」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 禍福は糾える縄の如し
読み方 かふくはあざなえるなわのごとし
意味 わざわいと幸福は、より合わせた縄のように表裏一体を成しているということ。「糾う」とは縄をより合わせること。
出典 『史記』
類語

塞翁が馬

沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり

漢字詳細 「禍」を含むことわざ
「禍」という漢字の詳細
「福」を含むことわざ
「福」という漢字の詳細
「糾」を含むことわざ
「糾」という漢字の詳細
「縄」を含むことわざ
「縄」という漢字の詳細
「如」を含むことわざ
「如」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る