「下手の射る矢」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 下手の射る矢
読み方 へたのいるや
意味 まともな人間は相手にしやすいが、無茶苦茶人間は相手にしにくいということ。下手な者の射る矢はどこへ飛ぶかわからないので避けようがないという意から。「狐が下手の射る矢を恐る」「下手の鉄砲烏が怖じる」ともいう。
漢字詳細 「下」を含むことわざ
「下」という漢字の詳細
「手」を含むことわざ
「手」という漢字の詳細
「射」を含むことわざ
「射」という漢字の詳細
「矢」を含むことわざ
「矢」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る