「下駄も阿弥陀も同じ木の切れ」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 下駄も阿弥陀も同じ木の切れ
読み方 げたもあみだもおなじきのきれ
意味 尊卑の違いはあっても、もとは同じであるというたとえ。また、出発点が同じでも、その人の心がけ次第で後に大きな差が出てくるというたとえ。足で踏まれる下駄も、人から拝まれる阿弥陀の仏像も、もとは同じ木から作られたものだという意から。「下駄も仏も同じ木の切れ」ともいう。
漢字詳細 「下」を含むことわざ
「下」という漢字の詳細
「駄」を含むことわざ
「駄」という漢字の詳細
「阿」を含むことわざ
「阿」という漢字の詳細
「弥」を含むことわざ
「弥」という漢字の詳細
「陀」を含むことわざ
「陀」という漢字の詳細
「同」を含むことわざ
「同」という漢字の詳細
「木」を含むことわざ
「木」という漢字の詳細
「切」を含むことわざ
「切」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る