「立ち寄らば大樹の陰」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 立ち寄らば大樹の陰
読み方 たちよらばたいじゅのかげ
意味 人を頼るなら、社会的に大きな力がある人がよいというたとえ。身を寄せるなら、大きな木の下が安全であるという意から。「立ち寄らば大木の陰」「寄らば大樹の陰」ともいう。
類語

犬になるなら大家の犬になれ

大所の犬になるとも小所の犬になるな

漢字詳細 「立」を含むことわざ
「立」という漢字の詳細
「寄」を含むことわざ
「寄」という漢字の詳細
「大」を含むことわざ
「大」という漢字の詳細
「樹」を含むことわざ
「樹」という漢字の詳細
「陰」を含むことわざ
「陰」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る