「倚門の望」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 倚門の望
読み方 いもんのぼう
意味 母親が子どもの帰りを待ちわびること。また、そういう母親の愛情のこと。中国の春秋時代、王孫賈(おうそんか)の母親が門に倚(よ)りかかって、我が子の帰りを待ちわびたという故事から。
出典 『戦国策』
漢字詳細 「倚」を含むことわざ
「倚」という漢字の詳細
「門」を含むことわざ
「門」という漢字の詳細
「望」を含むことわざ
「望」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る