「世の中は年中三月常月夜、嬶十七俺二十、負わず借らずに子三人」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 世の中は年中三月常月夜、嬶十七俺二十、負わず借らずに子三人
読み方 よのなかはねんじゅうさんがつじょうつきよ、かかあじゅうしちおれはたち、おわずからずにこさんにん
意味 世の中は、いつも三月頃の温暖な気候で、夜は明るい月夜、妻は十七歳自分は二十歳、責任も借金もなく、子どもは三人持つ暮らしが望ましいということ。江戸時代の庶民のささやかな願望をいった言葉。
漢字詳細 「世」を含むことわざ
「世」という漢字の詳細
「中」を含むことわざ
「中」という漢字の詳細
「年」を含むことわざ
「年」という漢字の詳細
「三」を含むことわざ
「三」という漢字の詳細
「月」を含むことわざ
「月」という漢字の詳細
「常」を含むことわざ
「常」という漢字の詳細
「夜」を含むことわざ
「夜」という漢字の詳細
「嬶」を含むことわざ
「嬶」という漢字の詳細
「十」を含むことわざ
「十」という漢字の詳細
「七」を含むことわざ
「七」という漢字の詳細
「俺」を含むことわざ
「俺」という漢字の詳細
「二」を含むことわざ
「二」という漢字の詳細
「負」を含むことわざ
「負」という漢字の詳細
「借」を含むことわざ
「借」という漢字の詳細
「子」を含むことわざ
「子」という漢字の詳細
「人」を含むことわざ
「人」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る