「世の中は三日見ぬ間の桜かな」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 世の中は三日見ぬ間の桜かな
読み方 よのなかはみっかみぬまのさくらかな
意味 世の中の移り変わりが激しいことを、桜の花があっという間に散ってしまうことに掛けて言った言葉。
もとは江戸時代の俳人大島蓼太の句「世の中は三日見ぬ間に桜かな」からで、三日外出しなかったら桜の花が咲きそろっているという意だったもの。単に「三日見ぬ間の桜」ともいう。
類語

有為転変は世の習い

漢字詳細 「世」を含むことわざ
「世」という漢字の詳細
「中」を含むことわざ
「中」という漢字の詳細
「三」を含むことわざ
「三」という漢字の詳細
「日」を含むことわざ
「日」という漢字の詳細
「見」を含むことわざ
「見」という漢字の詳細
「間」を含むことわざ
「間」という漢字の詳細
「桜」を含むことわざ
「桜」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る