「俯仰、天地に愧じず」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 俯仰、天地に愧じず
読み方 ふぎょう、てんちにはじず
意味 自分にやましいところや恥じるところは何一つないということ。「俯」はうつむく、「仰」はあおぐこと。うつむいて地に恥じるところがなく、あおいで天に恥じるところがないという意から。
出典 『孟子』
類語

仰いで天に愧じず

漢字詳細 「俯」を含むことわざ
「俯」という漢字の詳細
「仰」を含むことわざ
「仰」という漢字の詳細
「天」を含むことわざ
「天」という漢字の詳細
「地」を含むことわざ
「地」という漢字の詳細
「愧」を含むことわざ
「愧」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る