「田舎の学問より京の昼寝」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 田舎の学問より京の昼寝
読み方 いなかのがくもんよりきょうのひるね
意味 知的水準の高い都会にいれば、自然に知識が身につくというたとえ。田舎で勉強するより、たとえ昼寝をしていても都にいれば自然に知識が豊かになるという意から。
漢字詳細 「田」を含むことわざ
「田」という漢字の詳細
「舎」を含むことわざ
「舎」という漢字の詳細
「学」を含むことわざ
「学」という漢字の詳細
「問」を含むことわざ
「問」という漢字の詳細
「京」を含むことわざ
「京」という漢字の詳細
「昼」を含むことわざ
「昼」という漢字の詳細
「寝」を含むことわざ
「寝」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る