「渇しても盗泉の水を飲まず」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 渇しても盗泉の水を飲まず
読み方 かっしてもとうせんのみずをのまず
意味 どんなに困っていても、断じて不正には手を出さないというたとえ。「盗泉」は、中国山東省にある泉の名。孔子はのどが渇いていても、その名を嫌って泉の水を飲まなかったという故事から。
出典 『猛虎行』
類語

武士は食わねど高楊枝

鷹は飢えても穂を摘まず

漢字詳細 「渇」を含むことわざ
「渇」という漢字の詳細
「盗」を含むことわざ
「盗」という漢字の詳細
「泉」を含むことわざ
「泉」という漢字の詳細
「水」を含むことわざ
「水」という漢字の詳細
「飲」を含むことわざ
「飲」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る