「壁に耳あり障子に目あり」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 壁に耳あり障子に目あり
読み方 かべにみみありしょうじにめあり
意味 隠し事は、いつどこで誰が見たり聞いたりしているかわからないので、注意せよということ。
密かに話しているつもりでも、壁に耳を当てて聞いたり、障子に穴をあけてのぞいている者がいるかもしれないという意から。「壁に耳障子に目」「壁に耳」「障子に目」ともいう。
類語

石の物言う世の中

天に口あり地に耳あり

漢字詳細 「壁」を含むことわざ
「壁」という漢字の詳細
「耳」を含むことわざ
「耳」という漢字の詳細
「障」を含むことわざ
「障」という漢字の詳細
「子」を含むことわざ
「子」という漢字の詳細
「目」を含むことわざ
「目」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る