「兄弟牆に鬩げども外その務りを禦ぐ」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 兄弟牆に鬩げども外その務りを禦ぐ
読み方 けいていかきにせめげどもそとそのあなどりをふせぐ
意味 普段は喧嘩ばかりしている兄弟も、外部から侮辱を受けると協力してこれを防ぐということ。
「牆」は垣根、「鬩ぐ」は争う意。「牆に鬩ぐ」は垣根の中、つまり家の中で争うという意。「務り」は、「侮り」のこと。
出典 『詩経』小雅・常棣
漢字詳細 「兄」を含むことわざ
「兄」という漢字の詳細
「弟」を含むことわざ
「弟」という漢字の詳細
「牆」を含むことわざ
「牆」という漢字の詳細
「鬩」を含むことわざ
「鬩」という漢字の詳細
「外」を含むことわざ
「外」という漢字の詳細
「務」を含むことわざ
「務」という漢字の詳細
「禦」を含むことわざ
「禦」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る