「男子家を出ずれば七人の敵あり」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 男子家を出ずれば七人の敵あり
読み方 だんしいえをいずればしちにんのてきあり
意味 男が世の中に出て活動するようになると、多くの競争相手や敵に出会うということのたとえ。男が家から外に出れば七人の敵がすでに待ち構えているという意から。「男は敷居を跨げば七人の敵あり」「敷居を跨げば七人の敵あり」ともいう。
漢字詳細 「男」を含むことわざ
「男」という漢字の詳細
「子」を含むことわざ
「子」という漢字の詳細
「家」を含むことわざ
「家」という漢字の詳細
「出」を含むことわざ
「出」という漢字の詳細
「七」を含むことわざ
「七」という漢字の詳細
「人」を含むことわざ
「人」という漢字の詳細
「敵」を含むことわざ
「敵」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る