「白駒の隙を過ぐるが如し」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 白駒の隙を過ぐるが如し
読み方 はっくのげきをすぐるがごとし
意味 月日の過ぎるのが、きわめて早いことのたとえ。「白駒」は白い馬、「隙」は壁のすき間の意。人の一生は、白い馬が走り過ぎるのを壁のすき間からちらっと見るようなものだという意から。
出典 『荘子』知北遊
類語

駟の隙を過ぐるが若し

光陰矢の如し

漢字詳細 「白」を含むことわざ
「白」という漢字の詳細
「駒」を含むことわざ
「駒」という漢字の詳細
「隙」を含むことわざ
「隙」という漢字の詳細
「過」を含むことわざ
「過」という漢字の詳細
「如」を含むことわざ
「如」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る