「てらつつきの子は卵から頷く」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 てらつつきの子は卵から頷く
読み方 てらつつきのこはたまごからうなずく
意味 生まれながらの才能は、幼い時から自然に現れるというたとえ。「てらつつき」は、きつつきのこと。きつつきの子はえさの虫を捕るために、幼い時から首を上下に動かす癖があることから。
類語

栴檀は双葉より芳し

漢字詳細 「子」を含むことわざ
「子」という漢字の詳細
「卵」を含むことわざ
「卵」という漢字の詳細
「頷」を含むことわざ
「頷」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る