「多々益々弁ず」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 多々益々弁ず
読み方 たたますますべんず
意味 仕事が多ければ多いほど上手く処理するということ。手腕や才能にすぐれ、ゆとりのある様をいう。また、数が多ければ多いほど都合がよいということ。
「弁ず」は、処理するという意。中国漢の高祖に、統率できる兵の数を問われ、名将の韓信が兵は多いほど上手く使えると答えたという故事から。
出典 『漢書』韓信
漢字詳細 「多」を含むことわざ
「多」という漢字の詳細
「々」を含むことわざ
「々」という漢字の詳細
「益」を含むことわざ
「益」という漢字の詳細
「弁」を含むことわざ
「弁」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る