「月落ち烏啼いて霜天に満つ」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 月落ち烏啼いて霜天に満つ
読み方 つきおちからすないてしもてんにみつ
意味 月が西に傾いて落ち、烏が鳴いて、霜の気配が夜空に満ちあふれている。夜半の情景をうたった詩句。
出典 張継「楓橋夜泊」
漢字詳細 「月」を含むことわざ
「月」という漢字の詳細
「落」を含むことわざ
「落」という漢字の詳細
「烏」を含むことわざ
「烏」という漢字の詳細
「啼」を含むことわざ
「啼」という漢字の詳細
「霜」を含むことわざ
「霜」という漢字の詳細
「天」を含むことわざ
「天」という漢字の詳細
「満」を含むことわざ
「満」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る