「敵は本能寺にあり」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 敵は本能寺にあり
読み方 てきはほんのうじにあり
意味 本当の目的が別にあることのたとえ。
戦国時代、明智光秀  が備中の毛利を攻めると見せかけて出陣し、途中で進路を変え、京都本能寺の織田信長を討ったという故事から。
漢字詳細 「敵」を含むことわざ
「敵」という漢字の詳細
「本」を含むことわざ
「本」という漢字の詳細
「能」を含むことわざ
「能」という漢字の詳細
「寺」を含むことわざ
「寺」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る