「七つ下がりの雨と四十過ぎての道楽はやまぬ」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 七つ下がりの雨と四十過ぎての道楽はやまぬ
読み方 ななつさがりのあめとしじゅうすぎてのどうらくはやまぬ
意味 七つ下がりから降り出した雨と、中年になってから覚えた道楽はなかなかやまないということ。「七つ下がり」は午後四時過ぎのこと。
漢字詳細 「七」を含むことわざ
「七」という漢字の詳細
「下」を含むことわざ
「下」という漢字の詳細
「雨」を含むことわざ
「雨」という漢字の詳細
「四」を含むことわざ
「四」という漢字の詳細
「十」を含むことわざ
「十」という漢字の詳細
「過」を含むことわざ
「過」という漢字の詳細
「道」を含むことわざ
「道」という漢字の詳細
「楽」を含むことわざ
「楽」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る