「桜折る馬鹿、柿折らぬ馬鹿」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 桜折る馬鹿、柿折らぬ馬鹿
読み方 さくらおるばか、かきおらぬばか
意味 桜は枝を折ると枯れてしまうことがある。一方、刃物を嫌う柿は枝を折るほうが新しい枝が茂って多くの実をつけるということ。
漢字詳細 「桜」を含むことわざ
「桜」という漢字の詳細
「折」を含むことわざ
「折」という漢字の詳細
「馬」を含むことわざ
「馬」という漢字の詳細
「鹿」を含むことわざ
「鹿」という漢字の詳細
「柿」を含むことわざ
「柿」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る