「鹿を逐う者は山を見ず」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 鹿を逐う者は山を見ず
読み方 しかをおうものはやまをみず
意味 利益を得ることに夢中になっている者は、周囲の事を考える余裕がなくなり道理を忘れてしまうというたとえ。鹿を追う者は狩りに夢中になり山の様子が目に入らないという意から。
漢字詳細 「鹿」を含むことわざ
「鹿」という漢字の詳細
「逐」を含むことわざ
「逐」という漢字の詳細
「者」を含むことわざ
「者」という漢字の詳細
「山」を含むことわざ
「山」という漢字の詳細
「見」を含むことわざ
「見」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る