「唐紙、唐紙、仮名で書け」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 唐紙、唐紙、仮名で書け
読み方 とうし、からかみ、かなでかけ
意味 「唐紙」を「とうし」と読めば書画用の紙、「からかみ」と読めば襖(ふすま)のこと。このように読み方で意味の変わることばは仮名で書いたほうがよいということ。
漢字詳細 「唐」を含むことわざ
「唐」という漢字の詳細
「紙」を含むことわざ
「紙」という漢字の詳細
「仮」を含むことわざ
「仮」という漢字の詳細
「名」を含むことわざ
「名」という漢字の詳細
「書」を含むことわざ
「書」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る