「大功を論ずる者は小過を録せず」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 大功を論ずる者は小過を録せず
読み方 たいこうをろんずるものはしょうかをろくせず
意味 大きな功績を表彰しようと議論する時、たとえそのかげに小さな過失があっても大目に見て問題にしないということ。
漢字詳細 「大」を含むことわざ
「大」という漢字の詳細
「功」を含むことわざ
「功」という漢字の詳細
「論」を含むことわざ
「論」という漢字の詳細
「者」を含むことわざ
「者」という漢字の詳細
「小」を含むことわざ
「小」という漢字の詳細
「過」を含むことわざ
「過」という漢字の詳細
「録」を含むことわざ
「録」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る