「知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ
読み方 ちしゃはみずをたのしみ、じんしゃはやまをたのしむ
意味 ものの道理をわきまえた人は、判断に迷いがないからよどみなく流れる川を愛し楽しむ。また、仁徳を備えた人は、静かな心で何事にも動じないからどっしりかまえた山を愛し楽しむということ。
出典 『論語』
漢字詳細 「知」を含むことわざ
「知」という漢字の詳細
「者」を含むことわざ
「者」という漢字の詳細
「水」を含むことわざ
「水」という漢字の詳細
「楽」を含むことわざ
「楽」という漢字の詳細
「仁」を含むことわざ
「仁」という漢字の詳細
「山」を含むことわざ
「山」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る