「用ある時の地蔵顔、用なき時の閻魔顔」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 用ある時の地蔵顔、用なき時の閻魔顔
読み方 ようあるときのじぞうがお、ようなきときのえんまがお
意味 人にものを頼む時はお地蔵様のようにやさしいにこにこ顔をするが、用事がない時は閻魔様のように不機嫌な顔つきになるということ。
類語

借りる時の地蔵顔、返す時の閻魔顔

漢字詳細 「用」を含むことわざ
「用」という漢字の詳細
「時」を含むことわざ
「時」という漢字の詳細
「地」を含むことわざ
「地」という漢字の詳細
「蔵」を含むことわざ
「蔵」という漢字の詳細
「顔」を含むことわざ
「顔」という漢字の詳細
「閻」を含むことわざ
「閻」という漢字の詳細
「魔」を含むことわざ
「魔」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る