「十で神童、十五で才子、二十過ぎれば只の人」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 十で神童、十五で才子、二十過ぎれば只の人
読み方 とおでしんどう、じゅうごでさいし、はたちすぎればただのひと
意味 子どものころは並外れた秀才と思われていた人も、成長すれば平凡な人間になることが多いということ。
漢字詳細 「十」を含むことわざ
「十」という漢字の詳細
「神」を含むことわざ
「神」という漢字の詳細
「童」を含むことわざ
「童」という漢字の詳細
「五」を含むことわざ
「五」という漢字の詳細
「才」を含むことわざ
「才」という漢字の詳細
「子」を含むことわざ
「子」という漢字の詳細
「二」を含むことわざ
「二」という漢字の詳細
「過」を含むことわざ
「過」という漢字の詳細
「只」を含むことわざ
「只」という漢字の詳細
「人」を含むことわざ
「人」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る